コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クブ族 クブぞくKubu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クブ族
クブぞく
Kubu

インドネシアのスマトラ島東部低地からバリサン山脈にかけて散在するベッダ系の一民族。かつてはマレー諸島に広く分布していたといわれるが,その後マレー人などに同化され,かなり減少した。元来は狩猟採集民で,バンドを単位として移動する原始的狩猟採集生活を営んでいたが,農耕に従事する者が増えた。かつては杭上家屋に住んでいた。狩猟の際には鳥占いを行ない,シャーマニズムもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クブぞく【クブ族 Kubu】

インドネシア,スマトラ島南部の東側,パレンバン地方の河川であるムシ,ラワス,トゥンブシ,バタン・ハリの流域で放浪生活をつづけ,20世紀に入って定住化した民族。プロト・マレー人に属し,人口は1930年のセンサスでは1632人とされたが,実際はもっと多い。五つのマルガ(氏族)に分かれ,首長(ディパティ)が林産物を集める長であった。オランダ植民地時代から定着農耕を強制しても森林の放浪をやめなかった。兄と妹の近親相姦の伝説をもち,奥地に住むから,ウル族(上流の人),ルブ族(沼沢地の人),オラン・ダラット(奥地の人),オラン・ラウト(海の人)などと外部の者はよんできた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クブ族の関連キーワードオラン・ダラットインドネシア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android