コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモマベニヒカゲ くもまべにひかげ

2件 の用語解説(クモマベニヒカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモマベニヒカゲ
クモマベニヒカゲ

ベニヒカゲ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモマベニヒカゲ
くもまべにひかげ / 雲間紅日陰蝶
arran brown
[学]Erebia ligea

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本では北海道の大雪(たいせつ)山群と利尻(りしり)島の高地帯、本州中部地方の高山帯に産し、高山チョウの一種として知られている。外国では樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島(北部高山地域)よりシベリアを経てヨーロッパの北部にわたって分布する。はねの開張は55ミリメートル内外。ベニヒカゲに似ているが、後ろばねの斑紋(はんもん)(とくに裏面)に特徴がある。7~8月に高山地帯の草地に発生する。本種は1世代の完了に足掛け3年を要するもので、1年目の冬は卵で、2年目の冬は4齢幼虫で過ごす。幼虫の食草はホンモンジスゲ、タニスゲなどのカヤツリグサ科植物である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクモマベニヒカゲの言及

【高山蝶】より

…英語でAlpineといえば,タカネヒカゲ類のことを指す。 本州の高山チョウは,クモマツマキチョウ(イラスト),ミヤマシロチョウ,ミヤマモンキチョウ,オオイチモンジ,コヒオドシ,タカネキマダラセセリ,ベニヒカゲ,クモマベニヒカゲ,タカネヒカゲ(イラスト)の9種とされる。ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。…

※「クモマベニヒカゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone