コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライマー Clymer, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライマー
Clymer, George

[生]1739.3.16. フィラデルフィア
[没]1813.1.24. フィラデルフィア
アメリカ独立革命期の政治家。フィラデルフィアの商人。独立宣言および連邦憲法の署名者の一人。第1,2回の大陸会議代表に選出され,主として財務を担当。 1789~91年連邦下院議員として T.ジェファーソンの立場を支持。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クライマー(climber)

登山者。特に岩登りをする登山者。登攀(とうはん)者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

クライマー

テイクオフに登る手段として設置された設備のこと。モノラックまたはモノレールとも言う。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クライマー【climber】

登山家。特に、ロック-クライミングをする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクライマーの言及

【ロッククライミング】より

…そしてこのころから,自分の体力や技術だけを頼りにしたガイドレス登山が行われ,困難や危険を承知のうえで,人の足跡のない新しいルートからの登山を喜びとし,そのルートの開拓が行われた。必然的に,鋭い岩稜や急峻な岩や雪の壁を登行するテクニックが要求され,岩登りに優れた能力を持つクライマー(登攀家)が輩出するようになった。20世紀になると,世界各地の未踏の高峰に数多くの遠征登山が行われたが,同時にまた,マッターホルン,グランド・ジョラスやアイガーなど,危険で登攀不可能といわれていた大岩壁が完登されていった。…

※「クライマー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クライマーの関連キーワードマイケル・ジョン ハリソントップロープクライミング群馬県利根郡みなかみ町ガストン レビュファスポーツクライミングリードクライミングアンナプルナ[山]ロッククライミングトレイルランニングぶらぶらドンキー宇宙エレベーターエルキャピタンこんどうえみこ岳 みんなの山ピオレドール賞クライミング関田 美智子D形カラビナシャカリキ!山野井泰史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クライマーの関連情報