コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラシェフスキ クラシェフスキKraszewski, Józef Ignacy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラシェフスキ
Kraszewski, Józef Ignacy

[生]1812.7.28. ワルシャワ
[没]1887.3.19. ジュネーブ
ポーランドの小説家,文芸評論家,歴史家,社会活動家。ロマン主義時代を代表する一人。きわめて多作で,生涯に 600冊余の著書を残した。 1863年ロシア当局により国外に追放されたが,その後も多面的に活動し,ポーランド文学の水準を高めた。若く美しい農婦の悲劇的な愛を描いた代表作『ウラナ』 Ulana (1843) のほか多くの歴史小説が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラシェフスキ
くらしぇふすき
Jzef Ignacy Kraszewski
(1812―1887)

ポーランドの小説家、批評家。ロマン主義時代の代表的作家で、のちにリアリズムへの道をたどり、ポーランド小説の水準を高めるのに大きな役割を果たした。ウィルノ(ウィリニュス)の大学に学び、秘密愛国運動に加わって2年間投獄され、晩年はドレスデンに住み、スイスで死んだ。多作で、生涯に144の小説、88の歴史小説、ほかに戯曲、文学・社会批評、歴史・哲学に関する労作など、600巻に上る作品を残した。代表作の『ウラナ』(1843)は若く美しい農婦の悲劇的な愛を描いたもので、『村の向こうの小屋』(1845)では小百姓の苦しい運命を描いた。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラシェフスキの関連キーワードクローネンベルク7月28日

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android