コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラビネット [clavinet] クラビネット

1件 の用語解説(クラビネット [clavinet]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

クラビネット [clavinet]

1960年代の初期に作られた電気楽器の一種。鍵盤を弾くことで楽器の内部に張られた鉄弦をはじき、その振動をピックアップで拾って電気振動に変換、アンプで増幅してスピーカーから音を出す。実際に弦をはじいて音を出すという点で、電気的に音を合成するシンセサイザーのような電子楽器とは原理的に区別される。同様の発音機構をもつアコースティック楽器のハープシコードに似た歯切れのよい音で、主にロックリズミックなバッキングに多用された。ステージでのライブパフォーマンス用に適した小型のモデルは、5オクターブ半ほどの音域をもつ。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラビネット [clavinet]の関連キーワード外曲替手電気楽器トッカータハーモニカ本曲エレキエレクトーンテレミンフォークロック

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone