電気楽器(読み)でんきがっき

百科事典マイペディア「電気楽器」の解説

電気楽器【でんきがっき】

電気を利用することを基本とする楽器。electric musical instruments。もとになる最初の振動を得る方法によって,機械的発振と電気的発振に大別される。機械的発振には,(鋼線),リード(金属片)などをまず振動させ,その振動を電気振動として取り出すもの(エレクトリック・ギターはその一例),モーターによって回転する歯車と電磁誘導を利用するもの(ハモンド・オルガン)などがある。電気的発振は電気回路のみで,低周波発振を行うもの(エレクトーン),二つの高周波を発生しそのビートにより低周波振動を得るもの(オンド・マルトノ)などがある。いずれの振動も電気的な操作を経て増幅され,スピーカーから音となって出る。なお,発振も電子回路で行うものを〈電子楽器〉と呼んで区別する場合もあり,前記オンド・マルトノ,エレクトーンなどの電子オルガンシンセサイザーなどがここに含まれる。→電子音楽
→関連項目アンプラグド楽器ギターディスコ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「電気楽器」の解説

でんき‐がっき ‥ガクキ【電気楽器】

〘名〙 オルガン、ギターなどの発音体の振動を電気振動にかえ、それを増幅する装置を備えた電気仕掛けの楽器。また高周波発振器やトランジスタなどによる電気振動を、音色回路を通して音楽的な音色や音響にかえる楽器。前者の例にハモンドオルガンやエレキギター、後者の例にテレミン、エレクトーンなどがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「電気楽器」の解説

でんきがっき【電気楽器 electric musical instruments】

演奏機構や発音に電気の力を利用する楽器の総称。4種に大別される。(1)従来の機械的な振動をする発音源に電気的なしかけを応用しているもの。演奏機構面のみに応用している例として,送風用モーター,ストップ機構,ストップ配合の記憶装置などに電力を用いているパイプオルガンが代表的である。音に変化を与えるため補助的に応用している例としては,音板の下の共鳴パイプにモーターで回転するファンを取り付けてトレモロ効果を得ているビブラフォンがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android