コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラピナ人 クラピナじんKrapina man

3件 の用語解説(クラピナ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラピナ人
クラピナじん
Krapina man

クロアチアのクラピナ遺跡から 1895~1906年に発掘,報告された化石人骨。ネアンデルタール人の一種。骨は断片であるが,少くとも 13体はあり,そのうち頭蓋は5個体分認められる。成人,小児骨の両方を含むが,骨は破砕され,切られ,焼かれた形跡があるために,ムスティエ文化期におけるネアンデルタール人食人習俗の証拠であると解釈されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラピナじん【クラピナ人 Krapina man】

ヨーロッパのネアンデルタール人類の一種。ユーゴスラビアザグレブ市の北東50km,クラピナ岩陰遺跡から1899‐1908年に発見された。約13体と推定される。人骨はすべて細かい破片となり,完全なものは皆無であったから,研究者の多くは,正常の埋葬ではなく,食人の結果捨てられたものと見なしており,化石人類が食人を行ったことを示す最初の例と考えられる。この人類は一般にリス/ウルム間氷期に由来すると見なされ,したがってヨーロッパに普通に見られるウルム氷期のネアンデルタールよりは古く,多少原始的であると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラピナ人
くらぴなじん
Krapina man

クロアチアのザグレブの約40キロメートル北方にある岩陰遺跡出土のネアンデルタール人。1899年以降、ユーゴスラビアの人類学者ゴルヤノビッチ・クランベルガーK. D. Gorjanovi-Krambergerによって調査された。きわめて多数の人骨破片が発見されたが、左右の眼窩(がんか)上隆起が眉間(みけん)で分離していたり、乳様突起が小さいなどの進歩的特徴がみられる。年代は第三間氷期に属し、ムスティエ文化の石器を伴出する。出土する人骨が細かく粉砕されているところから、食人風習があったと推定されたが、今日では疑問視されている。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクラピナ人の言及

【旧人】より

… シュタインハイム人――ドイツ,シュトゥットガルトの北方20km,シュタインハイム砂取場から発掘,ミンデル/リス間氷期に由来する。クラピナ人――クロアチアのザグレブ市の北東方50km,クラピナ岩陰で発見,リス/ウルム間氷期に由来。13体分と推定される。…

※「クラピナ人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クラピナ人の関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone