コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリア・グリット Clear Grits

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリア・グリット
Clear Grits

1848年頃,カナダ西部 (現オンタリオ州) で形成された急進的な政党。 R.ボールドウィンの率いる改革派の政策を批判して一派を形成し,アメリカ式の民主政治や聖職者留保地世俗化を要求。 54年までには G.ブラウンを指導者に得て,「人口比代表制」や政教分離カトリックの影響排除を推進する強力な政治グループに成長した。「クリア・グリット」とは本来は製粉の際使用される良質の小石を意味し,農民の純粋さの象徴とされた。のちにカナダ自由党に吸収された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリア・グリットの関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android