クリコボの戦い(読み)クリコボのたたかい(英語表記)Battle of Kulikovo Pole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリコボの戦い
クリコボのたたかい
Battle of Kulikovo Pole

1380年9月 15日 (旧暦8日) ,モスクワ大公ドミトリー・ドンスコイの指揮するロシア諸公軍とタタール軍との会戦。ロシアの諸公国は 13世紀以来キプチャク・ハン国の支配下にあったが,14世紀になるとモスクワ大公国がめざましい発展をとげ,ハン国の支配に反抗しはじめた。そこでハン国のママイ・ハンはみずから大軍を率いてドン河畔に進み,クリコボでモスクワの同盟軍と戦ったが,モスクワ側の巧みな用兵によって敗退した。これはモスクワのタタールに対する最初の勝利であり,100年後の「タタールのくびき」からの解放の第一歩となった。この勝利によって,ドミトリーは「ドンスコイ (ドン川の意) 」と呼ばれるようになった。中世ロシアの有名な軍記物語『ザドンシチナ』はこの戦いを題材にしたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリコボの戦い
くりこぼのたたかい

1380年、ロシア軍がキプチャク・ハン国軍を破った戦い。長年の内紛から統一を回復したハン国の実質的な支配者ママイは、ロシア支配を強化するために、1378年に遠征軍を派遣したが、ボージャ川で敗れた。80年にママイは約15万の軍を率いてロシア遠征に上り、あらかじめ使節を出してハン国への税の増額を要求した。モスクワ大公ドミトリーはこれを拒否し、モスクワとコロムナにロシア諸公の軍を集結した。ドミトリーの率いる約15万に上るロシア軍は南下して、ドン川上流のクリコボКуликово/Kulikovoという原野でママイ軍と激戦を展開。ロシア軍は劣勢であったが伏兵の救援によってママイ軍は壊滅した(1380年9月8日)。この勝利も「タタールのくびき」を解消しえなかったが、ロシア人に勇気を与え、モスクワ大公の権威を高めた。ドミトリーは、勝利を記念して「ドンスコイ」(ドン川の意)の名を得た。[伊藤幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android