コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠顕信 きたばたけあきのぶ

6件 の用語解説(北畠顕信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北畠顕信
きたばたけあきのぶ

[生]?
[没]天授6=康暦2(1380).11.
南北朝時代,南朝方の武将。親房の次男。鎮守府将軍右大臣後醍醐天皇の勅を奉じて伊勢に挙兵。兄顕家の戦死後,陸奥に転戦したが,やがて吉野に帰った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたばたけ‐あきのぶ【北畠顕信】

[?~1380]南北朝時代の武将。親房の次男。春日少将と称する。兄顕家の死後、鎮守府将軍となり、父親房と奥羽に転戦。父の帰還後も奥州で戦ったが勝利できず、吉野に帰った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠顕信 きたばたけ-あきのぶ

?-? 南北朝時代の公卿(くぎょう),武将。
北畠親房(ちかふさ)の次男。建武(けんむ)3=延元元年(1336)伊勢(いせ)(三重県)で挙兵し,後醍醐(ごだいご)天皇の吉野遷幸をたすける。兄顕家(あきいえ)の死後鎮守府将軍となり,陸奥(むつ)の南朝勢力を糾合するため転戦。のち吉野にもどって右大臣となり,康暦(こうりゃく)2=天授6年(1380)死去したという説がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きたばたけあきのぶ【北畠顕信】

?‐1380(天授6∥康暦2)
南北朝期の武将。北畠親房の次子。左少将。1338年(延元3∥暦応1)兄顕家の死後,鎮守府将軍に任ぜられ,義良親王,親房らと伊勢大湊から船で東国への進出を試みたが,暴風のため失敗。のちには奥州に下ったが,53年(正平8∥文和2)宇津峰城を追われた。晩年は,弟顕能の跡をうけて伊勢国司となる。現在,数点の伊勢国司袖判御教書が残存し,70年(建徳1∥応安3)前後の在職が確認できる。【西山 克】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたばたけあきのぶ【北畠顕信】

?~1380?) 南北朝時代の武将。親房の次男。兄顕家の死後、鎮守府将軍となり、東北地方の南朝勢力の中心として奮戦。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北畠顕信
きたばたけあきのぶ

生没年未詳。南北朝時代の公卿(くぎょう)、武将。親房(ちかふさ)の次子。1336年(延元1・建武3)伊勢(いせ)で挙兵し、後醍醐(ごだいご)天皇の吉野遷幸を助けた。38年(延元3・暦応1)陸奥介(むつのすけ)兼鎮守府将軍となり、親房らと伊勢を出帆したが、途中で遭難した。いったん吉野に帰ったのち、翌年ふたたび東下、常陸(ひたち)を経て陸奥に入り、多賀(たが)国府(宮城県多賀城市)の奪回を目ざしたが、敗れて北陸奥に退いた。51年(正平6・観応2)観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)に乗じて国府奪回に成功したが、翌年には敗れて宇津峰(うつみね)城(福島県須賀川(すかがわ)市)に移り、ついで同城も落城し、ふたたび北陸奥に逃れた。62年(正平17・貞治1)ごろまで国宣などを発給しているが、晩年の動静は未詳である。次子守親(もりちか)は後を継いで陸奥国司となり、子孫は津軽波岡(なみおか)(青森県青森市浪岡(なみおか))に拠(よ)って波岡御所とよばれ、戦国時代まで勢力を維持した。[熱田 公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北畠顕信の言及

【北畠氏】より

…鎌倉・室町時代の公家。三国司家の一つ。村上源氏。源通親の孫中院雅家が北畠氏を称し,その曾孫親房のとき,後醍醐天皇の信任をうけ,南朝の重鎮として活躍。さらにその三男顕能は1338年(延元3∥暦応1)閏7月初めて伊勢国司に就任し,以後戦国最末年に至るまでその拠城となった一志郡多気城に拠った。2代顕信は顕能の兄にあたる。彼は伊勢国司に関する基本文献,斎藤拙堂の《伊勢国司記略》には触れられていないが,残存史料から見てその在職は確実である。…

【陸奥将軍府】より

… 顕家の戦死後,南朝では奥羽での成功例にならい,親王各地分遣策をとった。第4段階は,この一環として,38年(延元3∥暦応1)閏7月北畠顕信が陸奥介兼鎮守府将軍に任命されたときである。顕信はその2年後に陸奥に入部し,13年後にようやく多賀国府を掌握したが,このころは北朝方の奥州管領府が奥羽支配体制を固めており,顕信の国府滞在も3ヵ月足らずで終わった。…

【霊山神社】より

…福島県伊達郡霊山町大字大石に鎮座。北畠親房,顕家,顕信,守親をまつる。建武中興にあたり,北畠親房は長男顕家とともに陸奥守に任ぜられて,義良親王を奉じて下向,霊山に本拠を構えてその任にあたったが,足利尊氏の叛で西上,顕家の戦死後次男顕信がその子守親とともに霊山に下り,奥羽経略にあたった。明治初年,当時福島県御用係をつとめた米沢藩儒中川雪堂らが,その神社創建を提唱,地元民とともに1879年請願し許可を得,翌年よりもと支城があったと伝承される現在地に社殿を造営,81年完成,85年別格官幣社に列せられた。…

※「北畠顕信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北畠顕信の関連キーワード春日顕国職原抄関城書関宗祐北畠准后左少将鹿島幹寛北畠顕泰下妻政泰結城直朝(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone