クリスチャン・サイエンス(英語表記)Christian Science

世界大百科事典 第2版の解説

クリスチャン・サイエンス【Christian Science】

キリスト教科学〉の。《科学と健康》(1875)の著者エディMary Baker Eddy(1821‐1910)によって1879年に創立されたキリスト教の信仰治療主義の一派。彼女によると精神のみが実在であって物質幻想であり,病気は精神的な妄想である。それゆえ信仰によってその妄想を断ち切れば病気はいやされる。最初は新しい宗派をつくる気はなかったが,信者増加とともに92年ボストンにマサチューセッツ州第1科学者キリスト教会を設立,これが〈母教会〉と呼ばれる本部となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリスチャン・サイエンスの関連情報