コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスチャン・サイエンス Christian Science

世界大百科事典 第2版の解説

クリスチャン・サイエンス【Christian Science】

キリスト教科学〉の意。《科学と健康》(1875)の著者エディMary Baker Eddy(1821‐1910)によって1879年に創立されたキリスト教の信仰治療主義の一派。彼女によると精神のみが実在であって物質は幻想であり,病気は精神的な妄想である。それゆえ信仰によってその妄想を断ち切れば病気はいやされる。最初は新しい宗派をつくる気はなかったが,信者の増加とともに92年ボストンにマサチューセッツ州第1科学者キリスト教会を設立,これが〈母教会〉と呼ばれる本部となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クリスチャン・サイエンスの関連キーワードクリスチャン・サイエンス・モニターライシャワー ハル・マツカタクリスチャン・サイエンスクリスチャンサイエンスノンコンフォーミズムプロテスタント教会イオ・ミン ペイデビッド サープ日米の新聞業界プリチェットクインビー信仰療法

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android