コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイエンス science

翻訳|science

デジタル大辞泉の解説

サイエンス(science)

科学。学問。「ライフサイエンス
自然科学。
[補説]書名別項。→サイエンス

サイエンス【Science】[書名]

アメリカのAAAS米国科学振興協会)が発行する科学雑誌。1880年創刊で、英国の「ネイチャー」とともに権威を認められている。ベルアインシュタインハッブルらの論文が掲載された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サイエンス

米国科学振興協会(AAAS,1848年設立)発行の科学雑誌。週刊自然科学全般に加えて社会科学学術論文を掲載している。英国の科学雑誌《ネイチャー》と並び称される権威を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

サイエンス【science】

科学。学問。特に、自然科学。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイエンス
さいえんす
Science

アメリカの総合科学誌。『ネイチャー』誌と並び世界を代表する。編集部はワシントンD.C.にある。1880年、発明王エジソンの支援で、ジャーナリストのジョン・マイケルズJohn Michaelsによってニューヨークで創刊された。しかし、購読数が伸びず、休刊を経て1883年、昆虫学者のサミュエル・スカッダーSamuel H. Scudder(1837―1911)によって生まれ変わった。1900年には、全米の科学者の非営利組織・アメリカ科学振興協会(AAAS:American Association for the Advancement of Science)が発行する定期刊行物となり、現在に至る。
 「誰にでも門戸を開き、先端科学を通じた社会への貢献」をミッションとしている。アインシュタインの重力レンズ効果(1936)など『ネイチャー』誌同様に数々の教科書に残る科学研究の成果が掲載された。初期には、無線通信、ライト兄弟による飛行実験などの科学トピックスも紹介された。最近では、日本の太陽観測衛星「ひので」、金星探査機「ビーナス・エクスプレス」などによる太陽系に関する新知見、量子スピンホール効果、心疾患と2型糖尿病発症リスクが高まる遺伝子の発見などが話題を集めた。『ネイチャー』誌同様、ノーベル賞受賞者が多く投稿している。生命科学分野の掲載が60%ともっとも多い。
 2013年12月時点のプリント版の発行部数は約13万部、推定読者は100万人、オンライン版の読者は月360万人に及び、総合科学雑誌最大の読者を抱えているとされている。論文の影響力を示す指標である「インパクトファクター」(アメリカのトムソン・ロイター社発表)は、31.477と総合科学誌としては『ネイチャー』誌に次ぐ地位を固めている。投稿された論文は、まず世界の一流の科学者100人以上で構成される編集委員会によって適切性が評価される。その後、論文は2名以上の外部匿名審査委員により詳細な査読に回される。こうした厳密な査読を経て掲載される率も7~10%とハードルは高い。『サイエンス』誌は、AAASの会員であれば無料。法人契約などを結ぶことでオンライン版にアクセスできる。日本語のサイトもある。[玉村 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サイエンスの関連キーワード科学における女性と女児の国際デーIntroduction to~岐阜県先端科学技術体験センターMedicament News平和と開発のための世界科学デークリス・オットマン ネビルセリグマン社会科学百科事典大垣市スイトピアセンターアソシエイツ・ディグリーPhoto WonderデータサイエンティストクリスチャンサイエンスIntel ISEFナチュラルサイエンス大阪府枚方市津田山手科学と平和の国際週間東京都八王子市大横町FIRSTプログラム興人ホールディングスジェフリー ホイル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイエンスの関連情報