コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスチャン・ネーム Christian name

翻訳|Christian name

1件 の用語解説(クリスチャン・ネームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリスチャン・ネーム【Christian name】

洗礼名のこと。バプティスマル・ネームbaptismal nameともいい,姓に対する名(ファースト・ネーム)の意に用いられることもある。名は本質を表すという聖書の思想を受けて,キリスト教では名を付けることをたいせつにするようになった。キリスト者洗礼によって神の子として誕生したことを表すために,洗礼名を授与する習慣ができ,聖書に出てくる人物をはじめ,キリストに従いキリストに倣って生涯を全うした殉教者や聖人の名を付けるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクリスチャン・ネームの言及

【人名】より

…ただ,言語によって若干の変化はみられ,ムハンマドは,現代トルコ語ではメフメトMehmet,現代ペルシア語ではモハンマドMoḥammadと記され,アブド・アッラー(アブド・アッラーフ)‘Abd Allāhは,トルコやインドでは,しばしばアブドゥッラーAbdullāhと短縮される。【奴田原 睦明】
【西ヨーロッパ】
 現在,西洋の人名は基本的にはクリスチャン・ネーム(洗礼名。ファースト・ネームともいう)とファミリー・ネームから成り立っている。…

※「クリスチャン・ネーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone