コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティ クリスティChristie, Agatha (Mary Clarissa)

7件 の用語解説(クリスティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスティ
クリスティ
Christie, Agatha (Mary Clarissa)

[生]1891.9.15. デボン,トーキー
[没]1976.1.12. オックスフォードシャー,ウォリングフォード
イギリスの女流推理小説作家。ベルギー人のしろうと探偵エルキュール・ポアロの活躍する作品で世界的人気を博した。ほかに中年女性ミス・マープルを探偵役とするシリーズがある。代表作に『アクロイド殺人事件』 The Murder of Roger Ackroyd (1926) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クリスティ
クリスティ
Christy, Howard Chandler

[生]1873.1.10. オハイオ
[没]1952
アメリカの画家,挿絵画家ナショナルアカデミー・オブ・デザインおよびアート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。 1900年パリの国際展,翌年のバッファロー全米美術展で受賞。アメリカの最もすぐれたイラストレーターの一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クリスティ
クリスティ
Christie, Julie

[生]1941.4.14. インド,チュークア
イギリスの映画女優。1960~70年代のイギリスとアメリカ合衆国の映画で幅広い役柄をこなして人気を博した。父親が紅茶農園を経営していたためインドで生まれ,イギリスとフランスで教育を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クリスティ(Agatha Christie)

[1890~1976]英国の女流推理作家。探偵ポアロやミス=マープルが活躍する、卓抜した着想・展開の作品を書いた。作「そして誰もいなくなった」「アクロイド殺人事件」「オリエント急行の殺人」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クリスティ【Agatha Christie】

1890‐1976
イギリスの女流推理小説家。結婚前の姓はミラー。1914年空軍大佐アーチボルド・クリスティと結婚,28年離婚,30年考古学者マックス・マロウアンと再婚したが,作品は死ぬまでアガサ・クリスティの名で書く。処女作《スタイルズ荘の怪事件》(1920)以来,多数の長編・短編小説,戯曲を発表,世界中の読者から愛され,〈ミステリーの女王〉という名で知られた。処女作以来,《アクロイド殺害事件》(1926)などの代表作では,ベルギー生れのエルキュール・ポアロ探偵が登場するが,イギリスの典型的な田舎の小村に住む老女,ミス・マープルがしろうと探偵として活躍する《牧師館の殺人》(1930)などの作品も人気がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クリスティ【Agatha Christie】

1890~1976) イギリスの女流推理作家。ベルギー人名探偵ポアロの活躍する「アクロイド殺し」で作家としての地歩を確立。すぐれた性格描写で知られ、ミステリーの女王と称された。他に「そして誰もいなくなった」「オリエント急行の殺人」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリスティ
くりすてぃ
Agatha Christie
(1890―1976)

イギリスを代表する女流推理作家。9月15日、デボンシャーのトーケイに生まれる。正規の学校教育はほとんど受けていない。1914年の最初の結婚後は、第一次世界大戦中に篤志看護婦としてトーケイの病院で働くが、このころから処女作『スタイルズ荘の怪事件』を書き始め、16年に完成、20年に処女出版している。この作品において、おなじみの卵型の頭をしたベルギー人探偵エルキュール・ポアロHercule Poirotがデビューしている。数編の作品発表のあと、独創的手法と意外な犯人によって評判の『アクロイド殺人事件』(1926)で推理作家の地歩を固めたが、この直後に有名な謎(なぞ)の失踪(しっそう)事件を起こし、翌々年に夫と離婚、30年に少壮考古学者M・マローワンと再婚するなどしてマスコミを騒がせたりした。
 クリスティが文字どおり「死の公爵夫人」とか「犯罪の女王」の名にふさわしい活躍をするのはこれ以後であって、『オリエント急行の殺人』(1934)、『ナイルに死す』(1937)、『そして誰(だれ)もいなくなった』(1939)、『白昼の悪魔』(1941)、『ゼロ時間へ』(1944)、『葬儀を終えて』(1953)、『鏡は横にひび割れて』(1962)、『動く指』(1968)など、晩年になっても衰えないアイデアと筆力で、66編の長編のほか短編、戯曲などを発表し続け、その芝居『ねずみとり』(1952初演)は驚異的なロングランを達成している。
 作品の特徴は、プロット上の卓抜なアイデアのなかに無理のないトリック、人間の性格からくる葛藤(かっとう)が巧みに導入されていることで、彼女が創作したポアロと並ぶもう1人の名探偵ミス・マープルは、人間の性格に目をつけて推理することを得意としている。推理小説のほかに、メリー・ウェストマコットMary Westmacot名でロマンチック小説も執筆したほか、『自伝』(1977)もある。1976年1月12日没。[梶 龍雄]
『ロビンス著、吉野美恵子訳『アガサ・クリスティの秘密』(1980・東京創元社) ▽キーティング他著、加藤恭平他訳『アガサ・クリスティー読本』(1978・早川書房) ▽乾信一郎訳『アガサ・クリスティー自伝』(1978・早川書房) ▽『世界ミステリ全集1 アガサ・クリスティ』(1972・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクリスティの言及

【推理小説】より

… 第1次世界大戦後のイギリス,アメリカで推理小説の黄金時代が築かれた。1920年にA.クリスティの処女作《スタイルズ荘の怪事件》と,F.W.クロフツの処女作《樽》がともに発表されたのが,その幕開きである。クリスティは以後アマチュア探偵ポアロを主人公とした,パズルとトリックに重点を置いた(そのため現実性が希薄と批判されることもある)推理小説を半世紀以上も書き続けた。…

【ポアロ】より

…イギリスの推理小説家アガサ・クリスティの推理小説の相当数に登場する私立探偵。最初の登場はクリスティの処女作《スタイルズ荘の怪事件》(1920)で,彼はもとベルギーの警察官で,退職してイギリスに移住したことになっている。…

【ロングラン・システム】より

…ミュージカルの長期公演記録としては,《マイ・フェア・レディ》の2717回がある。アメリカだけでなくロンドンやパリの劇場でもこの方式が成功して,前者ではA.クリスティの《ねずみとり》,後者ではE.イヨネスコの《禿の女歌手》が,20年をこえて現在でも興行を続けている例がある。【戸張 智雄】。…

※「クリスティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クリスティの関連キーワードゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋早稲田文学アドバルーン上高地

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリスティの関連情報