クリーム煮(読み)くりーむに(英語表記)légumes à la crème フランス語

日本大百科全書(ニッポニカ)「クリーム煮」の解説

クリーム煮
くりーむに
légumes à la crème フランス語

おもに野菜をゆでる、るなど加熱して、ベシャメルソースなどで煮たり、和(あ)えたりする野菜調理法の一種である。材料としては、メキャベツ、カリフラワー、シャンピニヨン、ブロッコリーなどがソースによくあう。ソースに生クリーム、卵黄などを加えて、さらに味と光沢のあるソースにすることもある。クリーム煮は魚料理の付け合せにするのが一般的であるが、卵、魚、貝類などを加えて、独立した料理として供することもできる。この料理は熱いうちに食べることがたいせつで、冷めるとソースが固くなり味が落ちる。

[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「クリーム煮」の解説

クリーム‐に【クリーム煮】

〘名〙 野菜、肉などをホワイトソースで煮た西洋料理
※燃ゆる限り(1953‐54)〈佐多稲子〉四「何月生れの、若鶏の、ももの肉の、クリーム煮ってのだよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クリーム煮」の解説

クリーム‐に【クリーム煮】

肉・野菜などをホワイトソースで煮た料理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android