コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーズ Clewes, Howard Charles Vivian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルーズ
Clewes, Howard Charles Vivian

[生]1912
イギリスの小説家。評論『スタンダール』 Stendhal (1940) ,小説『死角』 Dead Ground (48) など。

クルーズ
Cruise, Tom

[生]1962.7.3. ニューヨーク,シラキュース
アメリカ合衆国の俳優。本名 Thomas Cruise Mapother IV。1981年に端役で映画デビュー。『アウトサイダー』The Outsiders(1983)などの脇役を経て,『卒業白書』Risky Business(1983)に主演。人気を決定づけた『トップガン』Top Gun(1986)は,年間最高収益を上げた。1986年,マーティン・スコセッシ監督の『ハスラー2』The Color of Moneyに出演し,1988年には『レインマン』Rain Manに主演。『7月4日に生まれて』Born on the Fourth of July(1989)で,アカデミー賞に初めてノミネートされた。1990年代には『ア・フュー・グッドメン』A Few Good Men(1992),『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』Interview with the Vampire(1994),『ミッション:インポッシブル』Mission: Impossible(1996),『ザ・エージェント』Jerry Maguire(1996)などに出演。1999年には当時の妻ニコール・キッドマンと,スタンリー・キューブリック監督の遺作『アイズ・ワイド・シャット』Eyes Wide Shutに主演。2000年代は,『マイノリティ・リポート』Minority Report(2002),『ラストサムライ』The Last Samurai(2003)などのアクション作品や,『宇宙戦争』War of the Worlds(2005),『ナイト&デイ』Knight and Day(2010),『オブリビオン』Oblivion(2013)に出演。「ミッション:インポッシブル」シリーズでは制作も兼ねた。私生活ではサイエントロジーへの支持が論議を呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

クルーズ

アメリカのゼネラルモーターズがシボレーのブランドで2001年から製造、販売している乗用車。5ドアハッチバック、4ドアセダン。初代モデルはスズキとの共同開発。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

クルーズ

正式社名「クルーズ株式会社」。英文社名「CROOZ, Inc.」。サービス業。平成13年(2001)「有限会社ウェブドゥジャパン」設立。同14年(2002)株式会社化。同21年(2009)現在の社名に変更。本社は東京都港区六本木。モバイルコンテンツ制作会社。携帯電話向け広告配信が柱。子会社で人材紹介・派遣事業も手がける。JASDAQ上場。証券コード2138。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

クルーズ【cruise】

客船による観光旅行。周遊船旅行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クルーズの関連キーワードジャック・リーチャー NEVER GO BACKミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションサンタクルーズBEAUTIFUL DREAMERアダプティブクルーズコントロールオール・ユー・ニード・イズ・キルミッション:インポッシブル3ミッション:インポッシブル2クルーズ・コーディネーター北ニューヘブリディーズ海溝オーシャンプリンセス号長崎県佐世保市鹿子前町クルーズ船と訪日外国人ぱしふぃっくびいなすベイプロムナード号キャプテンガーリーエンゼルハープ号プレコレクション東メラネシア海溝スイート・ライフ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルーズの関連情報