クレジットデリバティブ(読み)くれじっとでりばてぃぶ

  • credit derivative

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

社債や貸付債券における「信用リスク」を定量化し、スワップオプションなどの金融商品にして、取引を行なうこと。投資家は、債券に加えてプレミアムを支払わなければならないが、その代わりに、会社の倒産などによって社債や貸付債券の返還が行なわれなくなるリスクを回避できる。主要なものとしては、債券にいくばくかのプレミアムを加えて購入する、保険に似た「スワップ方式」がある。その他にも、信用リスクを別の債券の信用と結合させた「クレジットリンク債」など、さまざまな金融商品として販売されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android