クレペリン検査(読み)クレペリンけんさ(英語表記)Kraepelin test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレペリン検査
クレペリンけんさ
Kraepelin test

連続加算作業による一種の性格検査。もとは E.クレペリンが精神作業の実験心理学的研究のために考案したものであるが,のちに標準化されて性格検査となった。被験者は,数字が 34行 90列にわたって印刷されている検査用紙の各行の左端から始めて,隣合った2つの数字を順次加算し,その和の1位の数字を次々と記入していく。1分ごとに行を変えて行い,その結果の型により性格の判定が行われる。日本では内田=クレペリンテストとして知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

クレペリンけんさ【クレペリン検査】

一桁の数の加算を一定の時間行わせ、その作業結果から精神機能や性格を判定する検査法。クレペリンが考案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

クレペリン‐けんさ【クレペリン検査】

〘名〙 クレペリンが実験心理学の成果として創始した性格検査の一種。一桁(ひとけた)の数の計算を連続的に行なわせ、その作業結果によって性格や適性を判断する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android