クロスファイア

デジタル大辞泉プラスの解説

クロスファイア

宮部みゆきの長編SFサスペンス。1998年刊行。
②2000年公開の日本映画。①と小説『鳩笛草』を原作とする。監督・脚本金子修介、脚本:山田耕大、横谷昌宏。出演:矢田亜希子、伊藤英明、原田龍二、長澤まさみ、吉沢悠、徳山秀典、永島敏行、桃井かおりほか。物体を燃やす超能力を持つ女性をめぐるミステリー

クロスファイア

アメリカのクライスラーが2003年から2007年まで製造、販売していた乗用車。2ドアクーペ、およびオープンカー。メルセデスベンツのSLKクラスをベースに開発された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

クロス‐ファイア

〘名〙 (cross fire)
① 十字砲火。転じて、ことばによる激しい攻撃。
② 野球で、投手の投球が本塁上を非常な速さで対角によぎるような投球、または投球術をいう。これを投げるため投手は投手板を踏み変えたりする。十字火球。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android