クロソコギス(読み)くろそこぎす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロソコギス
くろそこぎす / 黒底鱚
dusky spiny eel
[学]Notacanthus chemnitzii

硬骨魚綱ソコギス目ソコギス科に属する海水魚。房総(ぼうそう)半島以北の太平洋沖、北海道周辺海域や、世界の海域に分布する。体は延長し、やや側扁(そくへん)する。尾部は糸状に伸長する。吻(ふん)が丸く、口は腹面に開く。背びれは互いに離れた5~12本の独立した棘(とげ)からなり、軟条はない。臀(しり)びれはよく発達して基底が長く、13~21本の棘と多くの軟条からなる。尾びれを欠く。体は暗褐色で胸びれは黒い。レプトセファルス型の幼生期を経る。全長60センチメートル余りになる。水深125~2500メートルにすみ、底引網でまれに漁獲される。ソコギスは吻端がとがらないこと、背びれ棘(きょく)が多く、26~40本であること、体色は灰白色であることなどで、キツネソコギスは背びれ棘が多く、12~15本であることなどで本種と区別できる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロソコギスの言及

【ソコギス】より

…下方に開いた口でゴカイなどの底生性生物を捕食している。日本産のソコギス科Notacanthidae魚類には本種のほかキツネソコギス,クロソコギス(イラスト)の2種が知られる。いずれも深海性で底引きトロールによりまれに採集されるもので,水産上さして重要ではない。…

※「クロソコギス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android