コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロッサンドラ Crossandra; firecracker flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロッサンドラ
Crossandra; firecracker flower

キツネノマゴ科クロッサンドラ属の総称。常緑低木または草本で,アフリカとアジアの熱帯に約 50種が分布する。披針形の葉は対生または輪生し,4稜の穂状花序を形成する。花は筒状花で筒部はきわめて細く,弁先は片側に向って5裂する。一般にジョウゴバナ (ヘリトリオシベ) C.infundibuliformisがクロッサンドラの名で鉢植えで流通する。直径約 3cmの橙黄色の花をつける。明るい半日陰で管理し,過湿に注意する。冬は明るい窓辺で 10℃以上に保って越冬させる。温室内ではほぼ周年開花する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロッサンドラ

アフリカ,インドなどに原産する,キツネノマゴ科の常緑性亜低木または多年草で,約50種がある。代表的な栽培種はクロッサンドラ・インフンディブリフォルミス(ヘリトリオシベ)で,温室のほか,鉢物で観賞される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロッサンドラ
くろっさんどら
[学]Crossandra infundibuliformis Ness.

キツネノマゴ科の草本性低木。インド原産で、高さ60~80センチメートル、分枝は少ない。葉は対生し、披針(ひしん)形、濃緑色で光沢がある。6~9月、茎頂に密な穂状(すいじょう)花序をつけ、緋橙(ひとう)色花を次々と開く。葉と花の調和が美しい。栽培は容易で、普通は鉢植えにし、観葉植物と同じように管理する。繁殖は挿木により、鉢に植え替えたあと一度摘心する。夏はやや日よけをした半日陰で育てるが、それ以外は十分に日に当てる。7℃以上あれば冬越しできる。[鶴島久男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロッサンドラの関連キーワード実生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android