コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロヨナ クロヨナ Pongamia pinnata

2件 の用語解説(クロヨナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロヨナ
クロヨナ
Pongamia pinnata

マメ科の常緑高木。熱帯海岸に普通にみられる樹木で,台湾,中国南部からインドマレーシアミクロネシアオーストラリアポリネシアに分布し,日本では琉球列島 (奄美大島以南) に産する。高さ8~25mに達し,全株無毛。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロヨナ
くろよな
[学]Pongamia pinnata (L.) Merr.

マメ科の常緑高木で高さ8~25メートル。葉は奇数羽状複葉で革質。小葉は5~7枚、卵形で先端はやや長く、長さ6~15センチメートル、頂小葉がもっとも大きい。9~11月、小枝の葉腋(ようえき)に総状花序を出し、淡紅紫色で長さ約1.5センチメートルの蝶形花(ちょうけいか)をやや密につける。豆果は木質で堅く、長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~7センチメートル。沖縄の海岸林の中に生え、アジア、オセアニアの海岸地方に広く分布する。名は、沖縄の方言、ユナ(沖縄)に生える樹皮の黒い木の意味である。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロヨナの関連キーワード糸杉コパイバ相思樹照葉木鼠子ばりばりの木鳳凰木雌蛭木ショレア蓮の葉桐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone