コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロンカイト Cronkite, Walter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロンカイト
Cronkite, Walter

[生]1916.11.4. ミズーリ,セントジョーゼフ
[没]2009.7.17. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国のジャーナリスト。フルネーム Walter Leland Cronkite, Jr.。テレビのニュース報道の草分け。「アメリカで最も信頼できる人物」と呼ばれた。テキサス大学で政治学を学び,地元紙の記者を経て UP通信社に入社。第2次世界大戦中は従軍記者としてヨーロッパ戦線を中心に取材,戦後はモスクワ支局長を務めた。1950年に CBSに引き抜かれ,『CBSイブニングニュース』のアンカーマンとしてジョン・F.ケネディ大統領暗殺(1963),アポロ11号月面着陸(1969),ウォーターゲート事件(1972~75),イスラエルとエジプトの和平交渉(1977~78)などを報じた。1968年,ベトナム戦争継続に反対を表明,大きな影響を与えた。1996年に回想録『クロンカイトの世界』A Reporter's Life刊行。1981年,大統領自由勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロンカイト
くろんかいと
Walter Leland Cronkite, Jr.
(1916―2009)

アメリカのニュース・キャスター。ミズーリ州生まれ。テキサス大学在学中から報道界で働く。1962年4月以来1981年3月まで19年間CBSテレビの「イブニング・ニュース」のキャスターを務め、「アメリカでもっとも信頼できる人物」という世評を獲得した。1968年、アメリカ軍のベトナム撤退を主張、その後のアメリカ政府のベトナム政策に大きな影響を与え、1977年には、サダト・エジプト大統領、ベギン・イスラエル首相と会見し、中東和平の橋渡しをするなど、「アメリカの良識」を代表するジャーナリストとして活躍した。テレビのアカデミー賞といわれるエミー賞特別賞を受賞(1979)。[伊豫田康弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロンカイトの関連キーワードコラムニスト筑紫哲也

クロンカイトの関連情報