コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワカミキリ クワカミキリ Apriona japonica

2件 の用語解説(クワカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワカミキリ
クワカミキリ
Apriona japonica

鞘翅目カミキリムシ科の昆虫。体長 40mm内外。体は黒色で,黄褐色の微毛を密生する。上翅基部に黒色顆粒が多数ある。前胸背には横皺があり,両側に円錐形の鋭い棘が1個ある。触角は黒色で,第3節以下の基半部が白色微毛におおわれ,雌では体長よりわずかに長いが,雄では体長の 1.4倍ほどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワカミキリ
くわかみきり / 桑天牛
[学]Apriona japonica

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州に分布する。クワやイチジクの害虫として知られる。体長35~45ミリメートル。黒色であるが、灰黄色の微毛を密生し、触角第3節以下は根元半分が白い微毛で青白色にみえる。前胸は背部に横じわが、両側に円錐(えんすい)形の突起があり、上ばねの前部には顆粒(かりゅう)がある。成虫は6~8月に現れ、クワ類はじめヤナギ、ケヤキ、ビワ、ミカン、ニセアカシアなど多種の樹木につき、枝の皮を食べる。雌は樹皮に孔(あな)をあけては1粒ずつ卵を産み、幼虫は材部に食い入り、2~3年かけて成長する。6月ごろ蛹(さなぎ)になり、7月初めごろに羽化し、10日ぐらいして外界に出る。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワカミキリの関連キーワード菊吸天牛桑天牛胡麻斑天牛杉天牛天牛擬天牛黒天牛白条天牛虎天牛花天牛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone