クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会,城と旧市街(読み)クヴェートリンブルクのせいどうさんじかいきょうかいしろときゅうしがい

百科事典マイペディアの解説

クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会,城と旧市街【クヴェートリンブルクのせいどうさんじかいきょうかいしろときゅうしがい】

ドイツ,ザクセン・アンハルト州の都市クヴェートリンブルクにある教会や城と周辺地域。ロマネスク建築を代表とする聖堂参事会教会や古い木造の民家などが残り,中世の姿を伝えている。1994年に世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android