コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グデア Gudea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グデア
Gudea

[生]前2144頃
[没]前2124頃
シュメールラガシュの支配者。ウル第3王朝のシュメールの王のもとでラガシュを統治。その黄金時代を築き,交易,文化,芸術を推進した。ラガシュの発掘で発見された約 30のグデアの彫像は当時の石彫の代表作であり,そこに刻まれた碑文は古典的シュメール語とされている。多くはルーブル美術館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グデア【Gudea】

古代シュメール都市ラガシュの支配者(前2143ころ‐前2124ころ)。グティ人のバビロニア支配時代の後半,すでにある程度独立を回復していた義父ウルバウ(ウルババ)のあとを継いでラガシュの支配者(エンシ)となり,この都市の繁栄と強勢をもたらした。グデアはその碑文をラガシュ複合都市国家の地域をこえて,ウル,ウルク,ニップールなどに遺し,またエラムに軍事遠征も行っており,シュメール全土に相当な勢力を張って,シュメール民族復興の先駆けとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグデアの言及

【シュメール】より

…しかしアッカドの統治下においてもシュメール都市は存続し,そこではシュメール語が日常語として使用されていた。
[統一王国――ウル第3王朝]
 アッカド王国(前2350ころ‐前2170ころ?)がグティ人の侵入によって衰えた頃,まずラガシュにシュメール人の独立都市王国が栄え始め,グデア(在位,前2143ころ‐前2124ころ)の時代にはアッカド帝国の広い交易圏を受け継いだ富裕な小領土国家が確立された。グデアにやや遅れてグティ人を山岳地帯に追い返し,シュメール人の支配を回復,〈四方世界の王〉を称したウルク王ウトゥヘガルの覇権は,その配下(子ないし弟との説もある)のウル軍事総督ウルナンムの継承するところとなり,ここに5代約1世紀に及ぶ,シュメール人によるシュメール,アッカドの統一王国ウル第3王朝(前2112‐前2004)が成立し,〈シュメール・ルネサンス〉が実現した。…

【シュメール美術】より

…神話伝説に題材を求めたと思われる説話風の場面や,神の前に立つ礼拝者像を表した場面など図柄が多様になり,登場する神,英雄,人物,動物の組合せは巧みで,描写はより自然主義的になっていった。 アッカド王朝がグティ人の圧迫により滅亡したころ,メソポタミア南部において唯一独立を維持していたシュメール人の都市国家ラガシュからは,グデアとその子ウルニンギルスUr‐Ningirsuを表した石彫像が数多く発見された。これらはすべて神に祈りをささげている姿勢をとる直立像または座像で,硬質の玄武岩の持つ質感を巧みに生かした量感あふれるものである。…

※「グデア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グデアの関連キーワードクリーブランド美術館メソポタミア美術シュメール美術ジッグラト肖像

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android