コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラチアヌス Gratianus, Flavius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラチアヌス
Gratianus, Flavius

[生]359. シルミウム
[没]383.8.25. ルグドゥヌム
ローマ皇帝 (在位 367~383) 。 375年まで父ウァレンチニアヌス1世と共治。詩人 D.アウソニウス著述家 Q.シンマクスらの薫陶を受けた。父帝の死後西方を弟ウァレンチニアヌス2世と統治,穏健な政治を行なった。キリスト教を保護して,異教を弾圧し,元老院から勝利の女神像を除去,保守的なローマ人を怒らせた。 383年ブリタニアでマグヌス・マクシムスが帝位を僭称したため,ガリアにおもむき,乱の鎮圧中殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グラチアヌスの関連キーワードマグヌス・マクシムステオドシウス1世アルボガスト教会法大全教会法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android