コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリホサート グリホサート glyphosate

1件 の用語解説(グリホサートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グリホサート(glyphosate)

アミノ酸系除草剤の一種。グリシンリン酸を導入した誘導体。化学名はN-ホスホノメチルグリシン。雑草の茎や葉に散布して使用。植物のアミノ酸合成を阻害し、枯死させる。ほとんどの植物に非選択的に作用するが、動物には毒性を示さないとされる。また、土壌に達すると微生物によって分解されるため、安全性が高いとされる。グリホサート耐性をもつ遺伝子組み換え作物が開発され、農地の除草にも使用されている。除草剤ラウンドアップの主な有効成分

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリホサートの関連キーワードケト原性アミノ酸δ-アミノレブリン酸シンターゼイミノグリシン尿酸性アミノ酸中性アミノ酸糖原性アミノ酸分枝アミノ酸安息香酸系除草剤酸アミド系除草剤ハロゲン化脂肪酸系除草剤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリホサートの関連情報