グリホサート

化学辞典 第2版「グリホサート」の解説

グリホサート
グリホサート
glyphosate

N-(phosphonomethyl)glycine.C3H8NO5P(169.07).ラウンドアップともいう.グリシンとクロロメチルホスホン酸とを水酸化ナトリウムの存在下で反応させ,これを酸析すると得られる.無色結晶.分解点189~190 ℃.水溶解度11.6 g L-1(25 ℃).pKa1 2.27,pKa2 5.57,pKa3 10.25(25 ℃).フェニルアラニンなどの芳香族アミノ酸合成過程の鍵酵素である,5-(エノールピルボイル)シキミ酸3-リン酸合成酵素(EC 2.5.1.19)を阻害することで植物を殺する.グリホサートは,除草剤耐性の遺伝子変換作物にも使用される.イソプロピルアミン塩が広く用いられている.LD50 4320 mg/kg(ラット経口).[CAS 1071-83-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「グリホサート」の解説

グリホサート(glyphosate)

アミノ酸系除草剤の一種グリシンにホスホノメチルというリン酸が結合した構造をもつ。芳香族アミノ酸の合成を阻害して、植物を枯死させる。1970年に米国の農業化学会社が開発。商品名はラウンドアップ。グリホセート
[補説]散布する場所に生育する植物をすべて枯らす非選択性除草剤で、道路・駐車場・公園・運動場などの有用植物を植えていない場所で使用される。また、グリホサートに耐性をもつ遺伝子組換え作物除草剤耐性作物)を栽培する農地でも使用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android