コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルストランド グルストランド Gullstrand, Allvar

3件 の用語解説(グルストランドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルストランド
グルストランド
Gullstrand, Allvar

[生]1862.6.5. ランズクルーナ
[没]1930.7.28. ストックホルム
スウェーデンの眼科医。 1894~1927年,ウプサラ大学の眼科教授。角膜の構造と機能および乱視についての研究を進め,眼の屈折の一般法則のほか,眼と光の拡散との関係などについての研究がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グルストランド

スウェーデンの眼科医。ウプサラ大学教授。目の調節機能の研究を行い,乱視の理論にすぐれたものがある。また眼鏡用レンズや目の診断用具などを改良した。1911年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルストランド
ぐるすとらんど
Allvar Gullstrand
(1862―1930)

スウェーデンの医学者。父は医学関係の役人で、その長男としてランズクローナ生まれる。1880年ウプサラ大学に入学、のちウィーン大学、さらにストックホルム大学に転じた。1890年医学博士となり、スウェーデン医学委員会で講義および医療を続け、1894年ウプサラ大学の眼科教授となった。1927年同大学名誉教授
 独学で眼科学をきわめ、とくに目の中の光の動きの研究に専念し、物がどう見えるかという視像の理論について、新説を導き出した。また白内障手術後に水晶体のかわりに用いられるグルストランド眼鏡を発明した。1911年に眼球における屈折光学の理論研究によって、ノーベル医学生理学賞を受賞した。『目における屈折光学法入門』などの著書がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルストランドの関連キーワードトランクルーム金銭尽くCDレンズクリーナーDVDレンズクリーナーバルクルーサBDレンズクリーナーBlu-rayレンズクリーナーレンズクリーナースノークルーズ・オーンズランドクルーザープラド

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone