コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルストランド Gullstrand, Allvar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルストランド
Gullstrand, Allvar

[生]1862.6.5. ランズクルーナ
[没]1930.7.28. ストックホルム
スウェーデンの眼科医。 1894~1927年,ウプサラ大学の眼科教授。角膜の構造と機能および乱視についての研究を進め,眼の屈折の一般法則のほか,眼と光の拡散との関係などについての研究がある。白内障手術後に水晶体の代りに用いるグルストランド眼鏡のほか,細隙灯を発明した。 11年,眼の通光学の業績に対して,ノーベル生理学・医学賞が与えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グルストランド

スウェーデンの眼科医。ウプサラ大学教授。目の調節機能の研究を行い,乱視理論にすぐれたものがある。また眼鏡用レンズや目の診断用具などを改良した。1911年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルストランド
ぐるすとらんど
Allvar Gullstrand
(1862―1930)

スウェーデンの医学者。父は医学関係の役人で、その長男としてランズクローナに生まれる。1880年ウプサラ大学に入学、のちウィーン大学、さらにストックホルム大学に転じた。1890年医学博士となり、スウェーデン医学委員会で講義および医療を続け、1894年ウプサラ大学の眼科教授となった。1927年同大学名誉教授。
 独学で眼科学をきわめ、とくに目の中の光の動きの研究に専念し、物がどう見えるかという視像の理論について、新説を導き出した。また白内障手術後に水晶体のかわりに用いられるグルストランド眼鏡を発明した。1911年に眼球における屈折光学の理論研究によって、ノーベル医学生理学賞を受賞した。『目における屈折光学法入門』などの著書がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グルストランドの関連キーワードA. グルストランド細隙灯顕微鏡スウェーデン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android