細隙灯顕微鏡(読み)さいげきとうけんびきょう(英語表記)slit lamp microscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細隙灯顕微鏡
さいげきとうけんびきょう
slit lamp microscope

細隙から出た幅の変る光束角膜,虹彩,前眼房水晶体および硝子体を照し,これを顕微鏡で拡大して観察する装置。角膜混濁の部位,虹彩炎の有無,白内障の程度と位置の診断などに欠かせない器械である。付属装置としてフルビーレンズ (眼底検査に用いる) ,圧平眼圧計などがある。ほかに,角膜の厚さや前眼房の深さを測定する特殊装置もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいげきとうけんびきょう【細隙灯顕微鏡 slit lamp microscope】

ほとんど透明な眼組織に対し,縦長の細い光束をあてることによってできた光学的切断面を拡大して,眼の状態を観察する装置。ティンダル現象の応用として,1911年グルストランドAllvar Gullstrand(1862‐1930)によって創始された。照明系と観察系から成り,照明は光束の幅や長さを変え,観察用の顕微鏡とともに検査の対象となる眼に対する相互の角度を調節しながら,眼瞼,結膜,角膜,前房,水晶体,硝子体,さらに付属装置を用いて眼底まで検査することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android