コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーン グレーンgrain

翻訳|grain

7件 の用語解説(グレーンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グレーン(grain)

ヤードポンド法の質量の単位。1グレーンは7000分の1ポンドで、64.7989ミリグラム。記号gr グレンゲレインゲレーン
[補説]グレーンは穀粒の意で、小麦の一粒の質量を基にして定めたもの。古代では最も一般的な麦粒を重さの基準とした。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

グレーン

ゲレーンとも。ヤードポンド法の質量の最小単位。常用の1グレーンは1/7000ポンド。宝石・貴金属の質量,薬量用にはそれぞれトロイポンド,1薬量ポンドの1/5670。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレーン【grain】

ヤード・ポンド法の質量の最小単位。ゲレーンともいう。常衡のポンド(常用ポンド)の1/7000と定義され,英語圏諸国のおもな計量標準機関で国際ポンドが採用された1959年7月以降,実効上,厳密に64.79891mgに等しい。単位記号はgrである。トロイ衡と薬衡はグレーンを基に構成される。したがってグレーンは3衡に共通な唯一の単位であるが,常用オンス,常用ドラムとは倍数関係にない。【三宅 史】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グレーン【grain】

〔穀物の意〕
ヤード-ポンド法の質量または重さの単位。1ポンドの7000分の1。薬量グレーンは薬量ポンドの5760分の1。ともに約0.0648グラムにあたる。ゲレン。ゲレイン。記号 gr   → ポンド

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

単位名がわかる辞典の解説

グレーン【grain】

ヤード-ポンド法の質量の単位。記号は「gr」。1grは7000分の1ポンドで、64.79891mgに等しい。◇古代オリエントの重量の単位で、オオムギ1粒の重さを意味していた。

出典|講談社
単位名がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーン
グレーン

ポンド」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーン
ぐれーん
grain

ヤード・ポンド法の質量の最小単位。7000分の1常用ポンドで、5670分の1トロイポンド(64.798918ミリグラム)にあたる。起源は古代オリエントにおいて、オオムギの粒を基準にしたことに始まる。グレーンは「穀物の粒」の意味をもつ。ほかに真珠用としてもグレーンといわれる単位があり、これは0.77常用グレーン、49.90ミリグラムにあたる。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグレーンの言及

【度量衡】より

…そして,このシェケルの倍量としてタレントtalent,ミナmina(またはミネmine)という単位が使われたが,近代西欧の衡であるポンドやキログラムも,どこかでミナの跡を引いているといわれる。それはともかくとして,イギリスの伝統的な単位グレインgrain(日本ではグレン,ゲレーンともいう)は文字どおり穀粒によるものであり,古代インドの衡の一つであるグーニャguñjaも,ある種の豆(一説ではトウアズキabrus precatorius)の種子によるものと解されている。また,宝石の質量を表すのに今も使われるカラットcaratという単位の名は,アラビア語キラト,スペイン語キラーテquilateに由来するが,これも豆の一種である。…

※「グレーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーンの関連情報