コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーン グレーン grain

翻訳|grain

7件 の用語解説(グレーンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グレーン(grain)

ヤードポンド法の質量の単位。1グレーンは7000分の1ポンドで、64.7989ミリグラム。記号gr グレンゲレインゲレーン
[補説]グレーンは穀粒の意で、小麦の一粒の質量を基にして定めたもの。古代では最も一般的な麦粒を重さの基準とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グレーン

ゲレーンとも。ヤードポンド法の質量の最小単位。常用の1グレーンは1/7000ポンド。宝石・貴金属の質量,薬量用にはそれぞれトロイポンド,1薬量ポンドの1/5670。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グレーン【grain】

ヤード・ポンド法の質量の最小単位。ゲレーンともいう。常衡のポンド(常用ポンド)の1/7000と定義され,英語圏諸国のおもな計量標準機関で国際ポンドが採用された1959年7月以降,実効上,厳密に64.79891mgに等しい。単位記号はgrである。トロイ衡と薬衡はグレーンを基に構成される。したがってグレーンは3衡に共通な唯一の単位であるが,常用オンス,常用ドラムとは倍数関係にない。【三宅 史】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グレーン【grain】

〔穀物の意〕
ヤード-ポンド法の質量または重さの単位。1ポンドの7000分の1。薬量グレーンは薬量ポンドの5760分の1。ともに約0.0648グラムにあたる。ゲレン。ゲレイン。記号 gr   → ポンド

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

グレーン【grain】

ヤード-ポンド法の質量の単位。記号は「gr」。1grは7000分の1ポンドで、64.79891mgに等しい。◇古代オリエントの重量の単位で、オオムギ1粒の重さを意味していた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーン
グレーン

ポンド」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーン
ぐれーん
grain

ヤード・ポンド法の質量の最小単位。7000分の1常用ポンドで、5670分の1トロイポンド(64.798918ミリグラム)にあたる。起源は古代オリエントにおいて、オオムギの粒を基準にしたことに始まる。グレーンは「穀物の粒」の意味をもつ。ほかに真珠用としてもグレーンといわれる単位があり、これは0.77常用グレーン、49.90ミリグラムにあたる。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグレーンの言及

【度量衡】より

…そして,このシェケルの倍量としてタレントtalent,ミナmina(またはミネmine)という単位が使われたが,近代西欧の衡であるポンドやキログラムも,どこかでミナの跡を引いているといわれる。それはともかくとして,イギリスの伝統的な単位グレインgrain(日本ではグレン,ゲレーンともいう)は文字どおり穀粒によるものであり,古代インドの衡の一つであるグーニャguñjaも,ある種の豆(一説ではトウアズキabrus precatorius)の種子によるものと解されている。また,宝石の質量を表すのに今も使われるカラットcaratという単位の名は,アラビア語キラト,スペイン語キラーテquilateに由来するが,これも豆の一種である。…

※「グレーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グレーンの関連キーワード穀物限界穀屋穀類穀物酢重播きオオムギ穀物自給率穀物総生産量フルヒトシイフェルフルヒト片麻岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーンの関連情報