コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロジャン グロジャンGrosjean, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロジャン
Grosjean, Jean

[生]1912.12.21. パリ
[没]2006.4.10.
フランスの詩人。 1939年聖職につき,神と人間の問題を追求し,クローデルの再来といわれる。主著,散文詩集『義人の書』 Le Livre du juste (1952) ,『予言者』 Les Prophètes (55,ヘブライ語からの翻訳) ,『陛下と通行人』 Majestés et Passants (56) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロジャン
ぐろじゃん
Jean Grosjean
(1912―2006)

フランスの詩人。高等中学(リセ)卒業後、1950年までカトリックの聖職に就いた。アラビア語やヘブライ語の学殖もあり、まさに「雅歌」を思わせると評される美しい詩を書く。代表的詩集に『時の大地』(1946)、『義人の書』(1952)、『人の子』(1953)、『権威者と通行者』(1956)などがある。その底には教父や預言者の精神を伝えるものがあり、人間社会の混乱のうえへ高くぬきんでる息吹が感じられる。[安藤元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グロジャンの関連キーワード安藤元雄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グロジャンの関連情報