コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロジャン グロジャン Grosjean, Jean

2件 の用語解説(グロジャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロジャン
グロジャン
Grosjean, Jean

[生]1912.12.21. パリ
フランスの詩人。 1939年聖職につき,神と人間の問題を追求し,クローデルの再来といわれる。主著,散文詩集『義人の書』 Le Livre du juste (1952) ,『予言者』 Les Prophètes (55,ヘブライ語からの翻訳) ,『陛下と通行人』 Majestés et Passants (56) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロジャン
ぐろじゃん
Jean Grosjean
(1912―2006)

フランスの詩人。高等中学(リセ)卒業後、1950年までカトリックの聖職に就いた。アラビア語やヘブライ語の学殖もあり、まさに「雅歌」を思わせると評される美しい詩を書く。代表的詩集に『時の大地』(1946)、『義人の書』(1952)、『人の子』(1953)、『権威者と通行者』(1956)などがある。その底には教父や預言者の精神を伝えるものがあり、人間社会の混乱のうえへ高くぬきんでる息吹が感じられる。[安藤元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロジャンの関連キーワードすぱりパリアパリジェンヌパリジャン三角数パリダカヘパラン硫酸パリオ-Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グロジャンの関連情報