コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケア島 ケアとうNísos Kéa

2件 の用語解説(ケア島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケア島
ケアとう
Nísos Kéa

ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島北西端の島。アティキ半島先端のスニオン岬の東約 20kmに位置する。島の中心に向って次第に高くなり,最高点 561m。中心集落ケア。古代にはケオス Keosと呼ばれ,アルテミシオン,サラミスの両海戦でギリシア側に立って戦い,デロス同盟に加盟。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケア‐とう〔‐タウ〕【ケア島】

KeaΚέα》ギリシャ南東部、エーゲ海にある島。古代名ケオス島。キクラデス諸島の北西端に位置し、アッティカ半島に最も近い。中心地はイウリス。現在アギアイリニと呼ばれるクレタ文明後期からミケーネ文明初期にかけて栄えた都市遺跡がある。古代ギリシャの叙情詩人シモニデスバキリデス、医師エラシストラトスの生地。ツィア島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケア島の関連情報