コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケア島 ケアとうNísos Kéa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケア島
ケアとう
Nísos Kéa

ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島北西端の島。アティキ半島先端のスニオン岬の東約 20kmに位置する。島の中心に向って次第に高くなり,最高点 561m。中心集落ケア。古代にはケオス Keosと呼ばれ,アルテミシオンサラミスの両海戦でギリシア側に立って戦い,デロス同盟に加盟。前 363~362年アテネに反抗し,その後人口が減少。 1207年4人のイタリア人に分割され,1566年以降オスマン帝国領。ギリシア独立戦争 (1821~29) 後ギリシア領。ブドウ,柑橘類,蜂蜜などを産し,アルミニウム工場で本土向けの台所用品を製造。白い大理石でできたドーリス式神殿の遺跡がある。面積 131km2。人口 1648 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケア‐とう〔‐タウ〕【ケア島】

KeaΚέα》ギリシャ南東部、エーゲ海にある島。古代名ケオス島。キクラデス諸島の北西端に位置し、アッティカ半島に最も近い。中心地はイウリス。現在アギアイリニと呼ばれる、クレタ文明後期からミケーネ文明初期にかけて栄えた都市遺跡がある。古代ギリシャの叙情詩人シモニデスとバキリデス、医師エラシストラトスの生地。ツィア島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ケア島の関連キーワードケオス島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケア島の関連情報