(読み)アタイ

デジタル大辞泉「価」の解説

あたい〔あたひ〕【価/値】

価格。値段。また、代価。「商品に―をつける」
「質屋の使の…尋ね来(こ)ん折には―を取らすべきに」〈鴎外舞姫
物の値打ち。価値。「一顧の―もない」
(値)数学で、文字や式・関数などがとる数値。「の―」

か【価〔價〕】[漢字項目]

[音](漢) [訓]あたい
学習漢字]5年
物の値段。あたい。「価格価額安価原価高価市価時価代価単価地価定価売価物価廉価
ねうち。「価値真価声価評価
数値。「原子価

か【価】

化学で、元素・基の原子価イオン電荷価数や、アルコールに含まれる水酸基の数を表す。「二の基」「多アルコール」
数学で、変数の各値についての関数の値の数を表す。「一関数」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「価」の解説

か【価】

[1] 〘名〙 相当する金高。ねだん。あたい。
[2] 〘接尾〙 原子価の価数を表わす語。「二価イオン」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android