コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 け

6件 の用語解説(仮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


仏教用語。存在や事象などに実体はないが現象として成立していることを意味する。現象としての存在には実体がないということに関して,古来種々に分析して説明され,それに応じていくつかの仮が立てられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か【仮〔假〕】[漢字項目]

[音](漢) (呉) [訓]かり
学習漢字]5年
〈カ〉
本物・本式ではなく一時的な間に合わせ。一時的な見せかけ。「仮称仮性仮説仮題仮定仮名仮面
一時的に。「仮寓(かぐう)仮設仮泊仮眠
かりる。「仮借(かしゃ)
ゆるす。「仮借(かしゃく)寛仮(かんか)
〈ケ〉1に同じ。「仮病虚仮(こけ)
〈かり〉「仮初(かりそめ)仮寝仮処分
[難読]仮字(かな)仮令(たとい・たとえ)

かり【仮】

《「借り」と同語源》
間に合わせであること。「の住まい」「の措置」「調印」
本当のもの、本来のものではないこと。「の親」「の姿」
仮定すること。「これはの話だが」→仮に

け【仮】

仏語。実体のないこと。名称のみであること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かり【仮】

〔「借り」と同源〕
正式なものに代えて、間に合わせに行う物事。 「 -免許」 「 -祝言」
本当のもの、本来のものでないこと。 「 -の名前」 「 -の姿」 → 仮に

け【仮】

〘仏〙 実体がないこと。また、そういうもの。 → 虚仮こけ仮諦けたい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【服忌令】より

…ほかに触穢(しよくえ)に関する規定も付されていることが多い。服忌令と称するものは,中世伊勢神宮その他の神社で作成されたのが初めであるが,それらは基本的には喪葬令服紀条と仮寧(けによう)令を組み合わせ,喪に服するものが与えられる休暇たる仮(か)を,死穢を忌む期間としてのに変えたものであった。江戸幕府では,これらをもとにして5代将軍徳川綱吉の1684年(貞享1)儒者林鳳岡(ほうこう),木下順庵,神道家吉川惟足(これたり)らの参画の下に,服忌令を制定公布,その後数次の改正の後,1736年(元文1)最終的に確定した(表参照)。…

【休日】より

…休日は働く者の労働のリズムを整え,労働力の再生産に活力を与えるために欠くことのできないものである。
【産業革命以前の休日】
 工場法が施行されるずっと以前から,働く人びとは厳しい労働のあいまに,それぞれの生活に即した休日をもった。古い時代,休日はおおむね祭礼を伴った。異教時代のヨーロッパの休日としてとくに重要なのは五月祭のそれであった。五月祭は夏の到来を告知する祭りであり,五穀豊穣を祈る祭りであった。これに対して,11月1日のハローマスHallowmasは長い厳しい冬を先導する祭りであり,山野を彷徨する先祖の霊を暖かいわが家の炉辺に迎える祭りであった。…

【仏教】より

…代表的なものとしては,(1)一定の性質をもって実在する諸法相互の関係を縁起とみる説一切有部(せついつさいうぶ)の学説と,(2)これに反対し,諸法がその自体をもたず(無自性),空であることが縁起の意義であるとする大乗(中観派(ちゆうがんは))の立場がある。同じ大乗の中でも唯識(ゆいしき)説では,諸法も自我(我)も観念的存在(仮)にすぎないが,それらを実有とみる迷妄の世界が事実としてあることを認め,それをあらしめる根拠たるものとして,われわれの認識構造(識)が,過去無数の諸業によって縁起したものであり,したがって実有であると主張した(ただし実有といっても,縁起したものであるから有為法であり,刹那滅であり,空であり,また価値的には迷妄の存在であるから否定されるべきものである。ただ,否定を通じて悟りを実現させる意味で,悟りにとって不可欠な依処(えしよ)(土台)であると説明される)。…

※「仮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仮の関連キーワード内借り賃借り同源・同原時借り又借り押借り借手同源同源包有物同源捕獲岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仮の関連情報