コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケトン体 けとんたい

6件 の用語解説(ケトン体の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

けとんたい【ケトン体】

体内の脂肪が分解されてできる産物で、尿中に排出されます。通常は尿を調べても「マイナス」、つまり出ないわけですが、脱水などが起こると「プラス」になります。妊娠中、プラスになるようなら、つわり症状がひどく脱水や栄養障害が起こっている、つまり「妊娠悪阻(にんしんおそ)」の可能性があります。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケトン体【ケトンたい】

アセト酢酸およびこれから生ずるD−3−ヒドロキシン酢酸やアセトンの総称。アセトン体とも。肝臓で生成されるケトン体は血液中に排出されるが,血液中のケトン体濃度が高い状態をケトン血症,尿中のケトン体濃度が高い状態をケトン尿症という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ケトン体

 アセトン体ともいう.アセト酢酸,β-ヒドロキシ酪酸,アセトンの総称.生理的には前二者が重要.絶食時や進行した糖尿病の場合に主に脂肪酸が代謝されて生成する.脳,その他の組織のエネルギー源になる.ケト原性アミノ酸リシンロイシンチロシンフェニルアラニン)の代謝によっても生成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケトンたい【ケトン体 ketone body】

アセト酢酸,D‐3‐ヒドロキシ酪酸およびアセトンの三つを総称してケトン体またはアセトン体acetone bodyという。脂肪酸酸化により生じたアセチルCoAは通常は主としてクエン酸回路に入って酸化されるが,それにはオキサロ酢酸の十分な供給が必要である。脂肪酸の分解が高まったり,糖質の不足や利用障害が起こると,オキサロ酢酸濃度が低下してアセチルCoAはクエン酸回路に入りにくくなり,過剰のアセチルCoAからアセト酢酸が合成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケトン体
ケトンたい
ketone body

アセトン体ともいう。異常代謝により生体内に蓄積されるケトン類の総称で,アセトン,アセト酢酸,β-ヒドロキシ酪酸から成る。糖尿病では,インスリンの欠乏の結果組織内ブドウ糖が低下して,肝臓におけるケトン体産生が増加し,多量のケトン体が血中に生じ,アシドーシスを起して重症のときは昏睡に陥る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケトン体
けとんたい

アセト酢酸およびこれから生ずるD-3-ヒドロキシ酪酸やアセトンの総称で、アセトン体ともいう。脂肪酸やピルビン酸の酸化による過剰のアセチル補酵素Aをアセト酢酸やD-3-ヒドロキシ酪酸に変える酵素系により、ケトン体が肝臓で生成される。肝臓ではケトン体が利用されないため、血液中に放出されて末梢(まっしょう)組織に運ばれ、TCA回路で酸化される。アセトンはアセト酢酸の非酵素的脱炭酸によって生じ、肺から呼気中へ排出される。正常の場合は血液中のケトン体濃度は低く、アセトンに換算して100ミリリットル中1ミリグラム、尿中への排出量はヒトで1日当り20ミリグラム程度であるが、飢餓あるいは糖尿病のときのように、糖分の摂取不足あるいは糖の消費が激しくて脂肪の分解が亢進(こうしん)している場合には、ケトン体の血液中濃度と尿への排出量が100倍近く増加する。このような状態をそれぞれケトーシスおよびケトン尿症という。また、アセト酢酸およびD-3-ヒドロキシ酪酸が酸性であるので血液が酸性に傾き、アシドーシス(酸血症)となって意識障害や不整脈などの症状が現れる。[飯島康輝]
『Jiro Kaneko著、久保周一郎・友田勇監訳『獣医臨床生化学』(1991・近代出版) ▽須田俊宏編著『糖尿病診療の実際』(2000・永井書店) ▽鈴木吉彦著『糖尿病ガイド』(2001・南江堂) ▽A・L・レーニンジャー、D・L・ネルソン、M・M・コックス著、山科郁男監修、川嵜敏祐編『レーニンジャーの新生化学』第3版(2002・廣川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケトン体の言及

【肝臓】より

…トリグリセリドは,また血中の脂肪酸が実質細胞内でエステル化されて合成される。しかし,飢餓時のように血中の脂肪酸量が著しく高くなっている場合には,エステル化は抑制されケトン体を生ずる。一方,消化管内で消化されたタンパク質は,アミノ酸として吸収され,門脈系を介して実質細胞へ運ばれ,タンパク質合成に用いられるほか,代謝されて尿素に合成される。…

【ケトージス】より

ケトン体(アセト酢酸,β‐オキシ酪酸,アセトン)が体内に蓄積された状態をいう。基本的には糖質利用が悪く,相対的に脂肪分解が促進されてアセチルCoAが増加し,肝臓におけるケトン体産生が過剰となる。…

※「ケトン体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケトン体の関連キーワードアセト酢酸ヒドロキシル基ジヒドロキシアセトンヒドロキシ酸アセトヒドロキサム酸ジヒドロキシアセトンリン酸ヒドロキシアセタミドヒドロキシ酪酸β-ヒドロキシ酪酸D-3-ヒドロキシ酪酸

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケトン体の関連情報