コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルキラ Kerkira/Κέρκυρα

デジタル大辞泉の解説

ケルキラ(Kerkira/Κέρκυρα)

ギリシャ西部、イオニア諸島ケルキラ島にある都市。イタリア語名および英語名コルフ、ラテン語名コルキュラアルバニア、イタリアに近く海上貿易の拠点となり、特に14世紀末からベネチア共和国に統治されたため、迷路のような旧市街にはベネチア風の多くの建物や新旧二つの要塞(ネオフルリオパレオフルリオ)が残されている。16世紀末に建てられたアギオススピリドナス教会聖スピリドン教会)は、島の守護聖人に捧げられたもの。2007年に「ケルキラ(コルフ)旧市街」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ケルキラの関連キーワードロベール・ギスカールコリント(都市国家)パレオカストリッツァカポディストリアスアンティパクソス島イオニア[諸島]カポジストリアスアヒリオン宮殿スピアナダ公園コルフ海峡事件スフランツェスロジェール2世エディンバラ公コルフ旧市街エピダムノスコルフ島事件コルフ[島]コルキュラ島コルキラ島アポイキア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android