コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルズの書 ケルズのしょ Book of Kells

3件 の用語解説(ケルズの書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルズの書
ケルズのしょ
Book of Kells

8~9世紀にスコットランドアイルランドキリスト教修道士によってハイバーノ・サクソン様式で装飾された福音書。アイルランドのケルズで最終的に完成されたと考えられている。現在はダブリンのトリニティ・カレッジ図書館に所蔵されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ケルズの書

《Book of Kells》8~9世紀ごろに製作された聖書の写本。マタイマルコ、ルカ、ヨハネの福音書が収められている。スコットランドやアイルランドの修道士たちの手になる美しいケルト装飾が施されており、アイルランドの国宝に指定されている。ダブリンのトリニティー・カレッジ博物館が所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケルズのしょ【ケルズの書 Book of Kells】

アイルランドのダブリンの北西約60kmにあるケルズの旧修道院付属教会堂に伝わった中世初期の豪華な大型福音書装飾写本。大きさは約33cm×24cmで,340葉を数える。テキストは《ウルガタ》に基づくアイルランド・タイプに属し,冒頭に共観表,福音書記者伝などが付随する。各福音書には記者像あるいはその象徴および大装飾文字ページが先行し,その装飾はアイルランド,イングランド北部,スコットランドの,いわゆるアイルランド・サクソン系の写本(6世紀末~9世紀末)の典型をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のケルズの書の言及

【アイルランド美術】より

…金工品では,従来の世俗的服飾品(タラのブローチ,8世紀など)のほか,聖杯(アーダーグの聖杯,8世紀など),聖遺物匣(パトリックの聖遺物匣,1100年ころなど),聖書装丁板等が加わり,いっそうの洗練と技術の極致を示す。何よりも輝かしいアイルランド美術の果実は,修道士の労苦の結晶たる写本画(《ダローの書》7世紀,《ディンマの書》8世紀末,《ケルズの書》9世紀初めなど)である。ここでは,多様な起源に由来するモティーフ(巴文,螺旋文,組紐文,動物組紐文)の組合せによって,宗教的価値をみごとに創出している。…

※「ケルズの書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケルズの書の関連キーワードアイルランドダブリン愛蘭ワンスダブリン会議アイルランド国立交響楽団アイルランドの子守唄ONCE/ダブリンの街角でアイルランド[島]ダブリン市民

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルズの書の関連情報