コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルマデック諸島 ケルマデックしょとう Kermadec Islands

3件 の用語解説(ケルマデック諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルマデック諸島
ケルマデックしょとう
Kermadec Islands

南太平洋,ニュージーランドトンガの中間に位置する火山島群。ニュージーランドオークランドから 1000km北東に位置する。1788年イギリス船,1793年フランス船が来航。1837年ヨーロッパ人が入植したが 1872年火山の噴火により退去。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケルマデック‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ケルマデック諸島】

Kermadec Islands南太平洋南西部、ニュージーランド領の諸島。同国北島の北北東約1000キロメートルに位置する。主島ロール島には、かつて捕鯨基地が置かれたが、現在定住者はなく、気象観測所と無線局がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルマデック諸島
けるまでっくしょとう
Kermadec Islands

環太平洋造山帯の南西部に位置する火山島。4島からなり、総面積は約34平方キロメートル。ニュージーランド領で、無線局と測候所の官吏以外に住民はいない。主島のロール島は1793年にフランス人ダントルカストーに発見され、一時、捕鯨基地となった。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルマデック諸島の関連キーワードニュージーランドニュージーランド亜区南太平洋委員会ニュージーランド海驢とうほくニュージーランド村ニュージーランド学会ニュージーランドマアジパシフィカフェスティバルニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone