コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケレスチヌス3世 ケレスチヌスさんせいCoelestinus III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケレスチヌス3世
ケレスチヌスさんせい
Coelestinus III

[生]1106頃.ローマ
[没]1198.1.8. ローマ
イタリア人の教皇 (在位 1191~98) 。本名 Giacinto Bobo-Orsini。 P.アベラールの弟子にして友人。サンス教会会議でアベラールを弁護。 T.ベケットは彼をローマにおける最上の友とした。 85歳で教皇となりハインリヒ6世に加冠したが,のちその野心に悩まされながらも,王の不法・残酷な行為を押えることができなかった。しかしほかの君侯の不法な結婚間題には強い態度をとり,十字軍をも推奨,騎士修道会を支援した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケレスチヌス3世の関連キーワードハインリヒ4世ハインリヒ源義家玄朝ザリエル朝ホイサラ朝ハインリヒ嘉承ユースフ・イブン・ターシュフィーンハインリヒ4世

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android