コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ6世 ハインリヒろくせいHeinrich VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ6世
ハインリヒろくせい
Heinrich VI

[生]1165. ナイメーヘン
[没]1197.9.28. メッシナ
ホーエンシュタウフェン朝ドイツ王 (在位 1169~97) ,神聖ローマ皇帝 (在位 90~97) ,シリチア王 (在位 94~97) 。フリードリヒ1世 (赤髯王) の子。父帝の強力な政策の成果を継承。彼の時代にはドイツ帝国の版図はブルグンドイタリアに及び,さらに妃がシチリア王の血縁であったため,南イタリアにも進出し,1194年シチリア王に即位。シチリアを神聖ローマ帝国に永続的に組込むため,家臣に高官職と土地を与え,支配権の強化に努めた。彼の政治で特筆すべきことは帝位の世襲化をはかったことで,この代償として,諸侯には封の世襲と,直系が絶えた場合に傍系の相続を認めようとした。これに対してケルン大司教を頭目とする反対勢力があり,その和解のため十字軍を組織することになり,その準備中にマラリアにかかり夭折した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハインリヒ6世の関連キーワードハインリヒ[6世]永万二条天皇ねんきんダイヤル二条天皇藤原伊通藤原範兼二条天皇六条天皇歓喜院聖天堂