ベケット(英語表記)Thomas à Becket

大辞林 第三版の解説

ベケット【Thomas à Becket】

1118頃~1170) イギリスの聖職者。カンタベリー大主教。王権強化の政策に反対して国王と対立し、カンタベリー大聖堂内で殺害された。

ベケット【Samuel Beckett】

1906~1989) アイルランド生まれのフランスの劇作家・小説家。不条理劇「ゴドーを待ちながら」により現代前衛劇の先鞭をつけた。ほかに戯曲「勝負の終わり」「うるわしの日々」、小説「モロイ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベケット(Samuel Beckett)

[1906~1989]フランス小説家劇作家。アイルランド生まれ。ヌーボーロマン先駆者とされ、前衛劇の分野でも大きな足跡を残した。1969年ノーベル文学賞受賞。小説「モロイ」、戯曲ゴドーを待ちながら」など。

ベケット(Thomas Becket)

[1118ころ~1170]英国の聖職者カンタベリー大司教。王権の強化を図るヘンリー2世の宗教政策と対立し、大聖堂内で暗殺された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベケット

英国の聖職者。国王ヘンリー2世の顧問として王と親交を結んだが,教会擁護の立場から王と対立。1162年にカンタベリー大司教となり,聖職者裁判の国家移管を定めたクラレンドン法に反対して王と抗争した。一時和解が成立したが,のちにカンタベリー大聖堂内で王の4人の騎士によって殺害された。教皇により列聖され,以後墓に詣でる巡礼が盛んになった。T.S.エリオットの《寺院の殺人》(1935年)の題材になった。
→関連項目アレクサンデル[3世]カンタベリーノーサンプトン

ベケット

アイルランド出身のフランスの作家,劇作家。ダブリン近郊のプロテスタント家庭に生まれる。トリニティ・カレッジでフランス語,イタリア語を学び,ダンテに傾倒。J.ジョイスと知り合い,目の悪いジョイスの代書を務める。1937年以降,おもにパリに住む。1938年小説《マーフィー》をロンドンで出版するが認められない。第2次大戦下,レジスタンスに参加しつつ,《ワット》を執筆(出版は1953年)。戦後,《モロイ》《マロウンは死ぬ》(ともに1951年),《名づけえぬもの》(1953年)の小説三部作と,戦後演劇の画期となった戯曲《ゴドーを待ちながら》(1952年)を発表,その真価を認められる。以後も戯曲《勝負の終り》(1957年),小説《事の次第》(1961年)などを発表,1968年ノーベル文学賞。後年はシナリオ,ラジオ台本も手がける。その作品は,現代における論理や諸価値の崩壊のなかでなおほとんど無意味な言葉によって自らを支える人間の意識を提示している。後年のテレビ作品は《消尽したもの》としてG.ドゥルーズが寄せた同題のエッセーとともに1992年刊。
→関連項目宇野重吉高行健ソンタグヌーボー・テアトル別役実亡命文学ホリガー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ベケット

1959年初演のジャン・アヌイによる戯曲。原題《Beckett》。カンタベリー大司教のトマス・ベケットとヘンリー2世の確執を描いた作品。1961年に第15回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。1964年に映画化された。

ベケット

1964年製作のイギリス映画。原題《Becket》。イングランドの聖職者トマス・ベケットの伝記映画。監督:ピーター・グレンビル、出演:リチャード・バートン、ピーター・オトゥール、ジョン・ギールグッドほか。第37回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同脚本(脚色)受賞。第22回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベケット【Samuel Beckett】

1906‐89
アイルランド出身のフランスの小説家,劇作家。ダブリン近郊のプロテスタントの家庭に生まれ,トリニティ・カレッジに進んでフランスおよびイタリア文学を専攻した。1928年交換講師としてパリのエコール・ノルマル・シュペリウールで英語を教え,フランスの文壇と接し,また特にJ.ジョイスと知り合いその影響を受ける。30年母校に帰り哲学とフランス文学を講じるが,32年には教職を辞し,ヨーロッパ各地を遍歴する。この間,《プルースト論》(1931)や短編集,詩集を発表するがまったく認められない。

ベケット【Thomas Becket】

1118‐70
イギリスのカンタベリー大司教。両親はノルマン人で父はロンドンの商人であった。カンタベリー大司教セオボールドに仕え,1154年首席助祭に登用された。翌年大司教の推薦でヘンリー2世の尚書部長官に任ぜられた。尚書部が政府の中枢機関となるのはベケットの力量に負う。セオボールドの死後,王の推薦で62年大司教に叙階された。しかし王の期待に反して,彼は大司教に就位すると直ちに尚書部長官を辞任し,教皇の指導する〈教会の自由〉の闘士に急変した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベケット
Beckett, Samuel Barclay

[生]1906.4.13. フォックスロック
[没]1989.12.22. パリ
アイルランドの劇作家,小説家。ダブリンのトリニティ・カレッジを卒業。 1937年以降フランスに居住,45年からは主としてフランス語で執筆した。小説『マーフィー』 Murphy (1938) には J.ジョイスの影響がみられるが,戯曲『ゴドーを待ちながら』 En attendant Godot (52) で特異な地位を確立。作品は難解とされているが,根底にあるのは,確固とした存在理由が失われたあとの人間の内面像である。3部作の小説『モロイ』 Molloy (51) ,『マロウンは死ぬ』 Malone meurt (51) ,『名づけえぬもの』L'Innommable (53) はヌーボー・ロマンの先駆的作品。ほかに,小説『ワット』 Watt (53) ,『事の次第』 Comment c'est (61) ,『よく見えぬよく言えぬ』 Mal vu mal dit (81) ,戯曲『勝負の終り』 Fin de partie (57) ,『しあわせな日々』 Happy Days (61) ,上演時間 35秒の『息』 Souffle (70) 。 69年ノーベル文学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ベケット

[一] (Thomas Becket トマス━) イギリスの高僧。ヘンリー二世に仕え、政治的手腕を発揮したが、のち、カンタベリー大司教となり、教権の擁護を強く主張、王と争って殺された。その事件を機に教会側に屈した王は、聖人として認め、その聖骨箱はカンタベリー大聖堂にまつられた。(一一一八‐七〇
[二] (Samuel Beckett サミュエル━) フランスの劇作家、小説家。アイルランド生まれ。「ゴドーを待ちながら」で現代前衛劇の道を開いた。一九六九年ノーベル文学賞受賞。戯曲「勝負のおわり」小説「モロイ」など。(一九〇六‐八九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のベケットの言及

【喜劇】より

…価値感の変化や秩序の崩壊もその一因だが,パトス(激情)やカタルシスなどがそのままの形では存在しにくくなってきたことにもよるのであろう。悲劇,喜劇というジャンル分け自体が無意味になり,S.ベケットの不条理劇のような絶望的な表現が,道化的な手段を使って行われる。しかし一応の独立したジャンルとしては,現代でもなお喜劇が悲劇よりは成立しやすいのは,喜劇のほうが批判的,主知的な姿勢が強いからであろう。…

【キートン】より

…23年の《滑稽恋愛三代記(キートンの恋愛三代記)》から29年の《キートンの結婚狂》に至る12本の〈フィーチャー(長編)〉を生み出した1920年代がキートンの黄金時代で,トーキー以後は1本のヒット作もなく,各国を転々とし,戦後はビリー・ワイルダー監督《サンセット大通り》(1950)やチャップリン監督・主演《ライムライト》(1952)で落ちぶれた映画俳優や芸人の役で特別出演したり,各地の劇場でボードビルを演じたりした。66年に70歳で死去する直前,カナダのアニメーション作家ジェラルド・ポタートンが,キートン・ギャグを集大成してみせた短編《キートンの線路工夫》(1965),サミュエル・ベケットがキートンのために脚本を書いたアラン・シュナイダー監督の短編《フィルム》(1965),およびリチャード・レスター監督がキートンへのオマージュとしてつくった《ローマで起った奇妙な出来事》(1966)で,突如,鮮やかな〈キートン復活〉を見せた。 キートン喜劇は,〈サイト(視覚的)ギャグ〉と〈追っかけ〉を二大要素とするスラプスティックスの頂点にありながら,いわゆるどたばたに堕さず,その喜怒哀楽をいっさい顔に出さない美しい端正な〈無表情〉(英語では〈デッドパン・マスクdeadpan mask〉とか〈ストーン・フェイスstone face〉などと呼ばれる)と,ただひたすら走るという単純なアクションによって抱腹絶倒の笑いを生み出すところに偉大な特質があった。…

【前衛劇】より

…イギリス風の中流家庭でのイギリス風の夫婦の会話に始まるこの劇では,言語は日常性の意味を離れて核分裂し,それを語る人間のアイデンティティさえも崩壊させてしまう。このようなイヨネスコの劇が,最初ほとんど観客に受け入れられなかったのに対し,アイルランド生れのS.ベケットの《ゴドーを待ちながらEn attendant Godot》(1953)は対照的にパリだけでも300回以上の上演を重ね,世界各国でも上演されるなど,現代演劇でもっとも強い影響力をもつ作品となった。枯木が一本だけしかないという空虚な世界に,ゴドーという人物をただ待っている2人の主人公ウラディミールとエストラゴンの姿は,人間の状況の極限を表したもので,この無限の空虚の中に投げ出された人間は,地獄のような孤独から逃れるためにただひたすらしゃべり続けなければならない。…

【道化】より

…道化の古来の武器の一つであった身体言語が,新しいメディアによってめざましくよみがえったのである。第2次大戦後,S.ベケットが《ゴドーを待ちながら》(1953)において,浮浪者風な2人組の道化が空しく待ち人を待ちつづけるという悲劇的道化芝居をつくった。現代人の肖像としてのこの〈マイナスの道化〉は世界的に大きな衝撃を与え,道化の歴史を新たに画した。…

【フランス演劇】より


【20世紀】
 20世紀フランス演劇をその変革の相においてとらえれば,大別して三つの時期を認めることができる。第1は,1913年,J.コポーによる〈ビユー・コロンビエ座〉創設から,両大戦間におけるL.ジュベ,C.デュラン,G.ピトエフ,G.バティの4人の演出家による〈カルテル四人組〉の時代,第2は,J.L.バローによるカルテルの遺産の発展と並行して50年代に起きる三つの事件,すなわちJ.ビラールによる〈民衆演劇運動〉と〈演劇の地方分化〉の成功,E.イヨネスコ,S.ベケット,A.アダモフ,J.ジュネらの〈50年代不条理劇〉の出現,そして〈ブレヒト革命〉であり,第3の時期は,68年のいわゆる〈五月革命〉によって一挙に顕在化した社会的・文化的危機の中で,演劇が体験した一連の大きな〈異議申立て〉(A.アルトーの徴の下に広がった〈肉体の演劇〉を中核とする)とその結果である。
[演出家の時代――コポーと〈カルテル四人組〉]
 演出家で集団の指導者をフランス語でアニマトゥールanimateurと呼び,20世紀を〈アニマトゥールの世紀〉と称するが,コポーはアニマトゥールの枠組みそのものを提示した人物である。…

【モノローグ劇】より

…後者のやり方の一種として,俳優やせりふによってそこにいるはずの見えない人物の存在を暗示したりすることもある。また,ベケットの《クラップの最後のテープ》のように,同一人物の声を肉声と録音した声とに分けて劇的緊張を生み出す場合もある。いずれにせよ,モノローグ劇は俳優の技量を試すためには適当な形式と考えられる。…

【寺院の殺人】より

…イギリスの詩人,劇作家T.S.エリオットが1935年カンタベリー大聖堂での上演のために委嘱されて書いた劇。1170年,国王との対立からこの大聖堂で殺された大司教トマス・ベケットの殉教を主題としている。ギリシア劇風なコーラス,中世劇風な詩形,幕切れで刺客たちが観客に語りかける政治演説のブレヒト的な異化効果など,新しい手法を駆使しながら,宗教的主題を現代商業演劇にも通用するように巧みに劇化している。…

※「ベケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベケットの関連情報