コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンチャヤシ ケンチャヤシHowea; sentry palm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンチャヤシ
Howea; sentry palm

ヤシ科ハウエア (ケンチャヤシ) 属の総称で,オーストラリア東岸のロードハウ島に,ケンチャヤシ H.belmoreanaとヒロハケンチャヤシ H.forsterianaの2種が分布する。かつてケンティア Kentiaの属名が用いられたことから,ケンチャヤシの和名がある。いずれも単幹で雌雄同株。ケンチャヤシは高さ7~8mになり,幹の基部が肥大する。幹に葉痕が環状に残る。長さ3~5mの羽状葉は,優美にしなる。ヒロハケンチャヤシは高さ 12m以上になり,幹の基部は肥大しない。羽状葉は長さ約 3mで,ほとんど垂れ下がらない。小葉の幅はケンチャヤシより広い。2種とも鉢栽培されたものが流通する。強光を当てると葉焼けを起すので,半日陰で育てる。冬期は室内で,最低7℃以上に保つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ケンチャヤシ

オーストラリア原産のヤシ科の常緑高木。高さ7〜8m,葉は暗緑色の羽状複葉,小葉は20〜30対あり,長披針形で葉軸に対しV字形に対生。近縁のヒロハノケンチャヤシは丈が高く,小葉は葉軸に対しほぼ水平につく。
→関連項目ヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケンチャヤシ【curly palm】

ヤシ科。オーストラリアのシドニーの北東方にあるロードハウ島に自生するケンチャヤシ属Howeaの1種で,ほかにヒロハケンチャヤシH.forsteriana Becc.がある。両者とも高さ8~10mになり,羽状複葉は長さ2~3mになる。小葉は長披針形で,約40片が葉軸に対生する。ケンチャヤシの小葉は葉軸に対しV字形につくが,ヒロハケンチャヤシの小葉は葉軸に対しほぼ水平につくので区別できる。葉柄は長く,斜上し,葉はゆるやかに弓状に曲がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンチャヤシ
けんちゃやし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ケンチャヤシの関連キーワードKentia実生椰子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android