コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープペンギン Cape penguin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケープペンギン
けーぷぺんぎん
Cape penguinJackass penguin
[学]Spheniscus demersus

鳥綱ペンギン目ペンギン科の海鳥。アフリカ南部沿岸地方だけに分布する中形種で、全長約65センチメートル。寒流に運ばれるマイワシ、カタクチイワシ類など表層魚を食べ、島の岩の下に巣穴を掘って営巣する。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケープペンギンの言及

【ペンギン】より

… エンペラペンギンとキングペンギンの2種以外は巣をつくり,1腹2個の卵を産む。アデリーやヒゲペンギンでは,巣は地面のくぼみに小石を敷くだけだが,イワトビやジェンツーペンギンは草なども敷き,コビト,キンメ,ケープペンギンのように温帯地方で繁殖する種は岩陰,草地,倒木や根の下,地中の穴などに営巣する。アデリーペンギンのように大集団で繁殖する種は,とくに集団繁殖地の中でも営巣場所が決まっていて,雄は毎年まったく同じ場所に戻ってテリトリーをかまえ,ふつうは前年の雌とつがいとなる。…

※「ケープペンギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ケープペンギンの関連キーワードサイモンズタウンランバーツベイロベン島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケープペンギンの関連情報