コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープ・コースト Cape Coast

世界大百科事典 第2版の解説

ケープ・コースト【Cape Coast】

西アフリカのガーナ南部,ギニア湾に面した港町。人口7万2000(1982)。現地語の地名はグアGuaもしくはオエグアOegua。セントラル州の州都である。貿易港であると共に漁業の中心にもなっている。首都アクラと西部の港湾都市セコンディ・タコラディとの中間にあって,ココアや柑橘類を輸出し,食料や建築材料を輸入する。1652年にスウェーデンが建設した城塞を母体として町が出現し,64年イギリスの支配下に入ってこの地方のイギリス植民地行政の基地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ケープ・コーストの関連キーワードイギリス領西アフリカケープ・コースト

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android