コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープ・コースト Cape Coast

1件 の用語解説(ケープ・コーストの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケープ・コースト【Cape Coast】

西アフリカのガーナ南部,ギニア湾に面した港町。人口7万2000(1982)。現地語の地名はグアGuaもしくはオエグアOeguaセントラル州の州都である。貿易港であると共に漁業の中心にもなっている。首都アクラと西部の港湾都市セコンディ・タコラディとの中間にあって,ココア柑橘類を輸出し,食料や建築材料を輸入する。1652年にスウェーデンが建設した城塞を母体として町が出現し,64年イギリスの支配下に入ってこの地方のイギリス植民地行政の基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケープ・コーストの関連キーワード黄金海岸ガーナガボンカメルーンギニアギニア湾赤道ギニアトーゴポルトノボギニアビサウ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケープ・コーストの関連情報