コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲイ・リュサック塔 ゲイリュサックとう

百科事典マイペディアの解説

ゲイ・リュサック塔【ゲイリュサックとう】

鉛室法硫酸を製造する際,鉛室から出るガス中の窒素酸化物を回収する装置。中には耐酸煉瓦,石英塊などがつまっており,上から冷濃硫酸が落とされ,ガスが下から昇る。窒素酸化物は硫酸に吸収されニトロシル硫酸となってグラバー塔へ送られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲイ・リュサック塔
げいりゅさっくとう

鉛室式硫酸製造装置の一部。フランスのゲイ・リュサックが1827年に考案した。この塔の役目は、二酸化硫黄(いおう)を三酸化硫黄に酸化するのに用いられた窒素酸化物を、75%以上の濃度の硫酸に吸収させて回収することにあり、鉛室のあとに設けられている。塔内ではニトロシル硫酸が生成する。塔は鉛板に耐酸れんがまたは抗火石で内張りしたもので、内部にれんがや陶磁器でつくった充填(じゅうてん)物が詰められている。[足立吟也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゲイ・リュサック塔の関連キーワードグラバー抗火石塔式法

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android