コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三酸化硫黄 サンサンカイオウ

デジタル大辞泉の解説

さんさんか‐いおう〔サンサンクワいわう〕【三酸化硫黄】

硫黄の三酸化物。無色の結晶性固体で、水と激しく反応して硫酸になる。工業的には二酸化硫黄酸素と化合させて作る。化学式SO3 無水硫酸

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんさんかいおう【三酸化硫黄 sulfur trioxide】

化学式SO3。二酸化硫黄と酸素を白金アスベストを触媒として燃焼させて得る。濃硫酸を五酸化二リンとともに蒸留するか,発煙硫酸,硫酸水素ナトリウム,ピロ硫酸ナトリウムなどを加熱しても得られる。気体の分子構造は,図に示すように,硫黄を中心とする平面正三角形である。固化させるときの条件によって3種の変態が知られている。すなわち,気体を-80℃以下で冷却すると発煙性,無色の氷状のγ型が得られ,25℃以下で放置すると絹糸状光沢のあるアスベスト状のβ型となり,これを封管中32.5℃以上に長くおくとコロイド状のα型となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんさんかいおう【三酸化硫黄】

硫黄の酸化物の一。化学式 SO3 強い酸性酸化物で、水に溶けると多量の熱を発生して硫酸になる。工業的には二酸化硫黄を接触法によって酸化してつくる。濃硫酸や発煙硫酸の原料となる。無水硫酸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三酸化硫黄
さんさんかいおう

酸化硫黄」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三酸化硫黄
さんさんかいおう
sulfur trioxide

硫黄の酸化物の一つで、硫酸の無水物。俗称無水硫酸。接触法による硫酸製造に際し大量につくられるが、工業的には普通、発煙硫酸を蒸留する。実験室では二硫酸ナトリウムNa2S2O7または硫酸鉄()Fe2(SO4)3を熱してつくる。気体分子は三角形の平面型単量体分子であるが、液体空気を用いて凝縮させるとα(アルファ)型が得られる。0℃で凝縮させるとβ(ベータ)とγ(ガンマ)の混合物が得られ、これを20℃に温めて液体として、減圧蒸留によってγを除くとβが得られる。完全に脱水した気体を27℃以上で凝縮させるとγ型が得られる。いずれも無色で、α型とβ型はアスベスト状針状晶。γ型は氷状結晶。通常はこれらの混合物で、沸点44.6℃。比重1.903(25℃)。市販の安定化液体SO3は重合防止剤が加えられている。水と激しく反応して硫酸となり、金属酸化物を硫酸塩に変える。有機化合物と反応してスルホン基を導入する。合成洗剤用のアルキルベンゼンなどのスルホン化に用いられるほか、スルホンアミド、流動パラフィン、染料中間体などの製造に用いられる。水と激しく反応するので皮膚に触れるとやけどする。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三酸化硫黄の言及

【硫黄酸化物】より

…硫黄の酸化物の総称であるが,おもに,硫黄Sを含んだ化石燃料の燃焼により二酸化硫黄SO2(亜硫酸ガス)や三酸化硫黄SO3の形で発生し,エーロゾルに吸着したり硫酸などの酸化物となって大気中に存在する。SO2は300~500ppmの濃度で短時間のうちに胸痛,意識混濁などの中毒症状を生じさせ,1.6ppmで健康人の上気道粘膜を刺激して可逆的な気管支収縮を発生させる。…

※「三酸化硫黄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三酸化硫黄の関連キーワード三酸化硫黄(データノート)ゲイ・リュサック塔アルミナホワイトスルホンアミド塩化チオニル硫酸ジメチル硫酸ニッケルハロゲン化スルホン酸ミョウバン硫酸チタン硫黄酸化物スルホン化ソックス合成洗剤火山ガスチオ硫酸硫酸塩無水酸三笠石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android