コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲッティンゲン宣言 ゲッティンゲンせんげん Göttingen statement

2件 の用語解説(ゲッティンゲン宣言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲッティンゲン宣言
ゲッティンゲンせんげん
Göttingen statement

1957年4月 12日に原子核分裂の発見者 O.ハーン西ドイツ原子力科学者 18人が署名,発表した核兵器保有反対の宣言。この宣言は,西ドイツが原子力兵器を所有すべきでないことを訴えたうえ,「署名者はだれも,原子力兵器の製造,実験,配置に,どんな方法ででも参加しない」と声明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲッティンゲン宣言
げってぃんげんせんげん
Gttingen Declaration

1957年4月12日、旧西ドイツの原子物理学研究の中心であるゲッティンゲン大学で、高名な物理学者ノーベル賞受賞者でもあるハーン、ボルンハイゼンベルクら18名の物理学者が発表した「いかなる形でも原子兵器の製造、実験、使用には参加しない」という宣言。同年4月5日西ドイツのアデナウアー首相が核装備を要求する発言に対し、西ドイツの科学者らがこれに反対を表明したもので、日本では同年(昭和32)5月、湯川秀樹(ひでき)博士ら物理学者25名が同宣言の支持を表明した。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲッティンゲン宣言の関連キーワード核分裂生成物原子核分裂光核分裂有糸分裂臨界臨界量間期核分裂性物質核分裂片ボーア‐ホィーラーの核分裂理論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone