コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲレ ゲレ Guéret

2件 の用語解説(ゲレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲレ
ゲレ
Guéret

フランス中部,マルシュ地方,クルーズ県の県都。7世紀に建てられた修道院を中心に発達したこの地方の市場町で,小規模金属工業がある。古文書館となっている 15世紀のオテルドモネルーなど古い建物も多く,12~15世紀のエマイユ (七宝細工) を集めた博物館もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲレ
げれ
Ern Ger
(1898―1980)

ハンガリーの政治家。1916年の共産党結成とともに入党、1919年のハンガリーソビエト崩壊後ソ連へ亡命し、1920~1943年にコミンテルン共産主義インターナショナル)の機関員を務めた。1944年に帰国して党政治局員となり、運輸相、財務相、副首相などを歴任して重工業化の推進にあたった。1956年7月にソ連に推されて党第一書記に就任したが、10月にデモを「排外主義」ときめつける発言をして、ハンガリー事件のきっかけをつくった。ソ連軍事介入の翌日に党第一書記を解任されソ連へ亡命。1960年帰国したが、1962年に党から除名された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲレの関連キーワードオービュッソンペルシュロンオーベルシュルオアーズリルシュルラソルグルールマランルシヨンラ・コストシュナンブランピノノワールル・クルーゾ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲレの関連情報