コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンゴロウブナ ゲンゴロウブナCarassius cuvieri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンゴロウブナ
Carassius cuvieri

コイ目コイ科の淡水魚。全長 40cm。ヘラブナカワチブナは本種を人工的に飼育したもの。キンブナ,ギンブナなどより体高がずっと高く,体は灰白色で光沢がある。消化管が長い。植物性プランクトン食性。琵琶湖・淀川水系原産であるが,釣魚として養殖され,各地に移殖されている。(→フナ属

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲンゴロウブナ

フナの1亜種で,全長40cmになる。一般にはヘラブナの呼称の方が普及している。体高が高く,銀白色。鰓耙(さいは)の数が著しく多い(90〜120個)のが特徴。琵琶湖,淀川水系の原産といわれるが,現在ほぼ日本全土に移され繁殖している。
→関連項目フナ(鮒)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲンゴロウブナ
げんごろうぶな

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゲンゴロウブナの言及

【琵琶湖】より

… 一方,琵琶湖の中で分化した種もある。ニゴロブナとゲンゴロウブナ,ホンモロコ,ビワコオオナマズとイワトコナマズ,イサザがそれで,それぞれ日本各地に広く分布するキンブナ,タモロコ,マナマズ,ウキゴリから,琵琶湖の広い沖帯を利用すべく進化したものである。またビワマスはアマゴとはすでにかなり異なっているし,アユ,カジカ,ヨシノボリも琵琶湖にすむものと他水域のものとはいくらか違っている。…

【フナ(鮒)】より

…国外では朝鮮半島,アジア大陸東部,台湾および海南島などに産する。体の背面は暗灰褐色で,体側から腹面にかけてはその名のとおり銀白色,体高はゲンゴロウブナ(ヘラブナ)よりも低いが,尾柄高は高い(尾びれの付け根も高い)。鰓耙(さいは)数は40~55。…

※「ゲンゴロウブナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲンゴロウブナの関連キーワード篦鮒・箆鮒ヒラブナ煮頃鮒篦・箆鮒ずしマブナ鮒・鯽近江鮒河内鮒真鮒篦鮒すし平鮒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲンゴロウブナの関連情報